無料ブログはココログ

トップページ | 「ハル・ノート」の根底にあった人種差別 »

日本人よありがとう

かつて日本人の心は清らかで美しかった。

Photo


 昭和16年(1941年)12月8日、日本軍はマレー半島東側に上陸し、イギリスがアジア植民地支配の牙城として難攻不落の要塞を誇ったシンガポールへ向けて、マレー半島1000キロの縦断進撃を開始しました。後にマレーシアの上院議員となったラジャー・ノンチック氏はこのとき16歳の少年で、ラジオ放送で日本軍上陸の報を聞きます。そしてノンチック少年は身の毛のよだつような興奮と緊張に立ちすくんでいましたが、急いで父ラジャー・イシャックの部屋に飛んでいきました。
 
「とうとう日本軍が来たね」

そうしている間にも、胸がジーンとしてきて、身体の震えが止まらなかったといいます。
 
 ノンチック氏はこの大東亜戦争について以下のように述べています。
 
「私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。敗れて逃げてゆく英軍をみたときに、今まで感じたことの無い興奮を覚えました。しかも、マレーシアを占領した日本軍は、日本の植民地としないで、将来のそれぞれの国の独立と発展のために、それぞれの民族の国語を普及させ、青少年の教育をおこなってくれたのです」

 ノンチック氏は日本の大東亜省が推進した「南方特別留学生」に選ばれ、日本に来てマレーの独立運動を行い、宮崎高等農林学校(現宮崎大学)、陸軍士官学校で学び、福岡へいき、東大で学びました。日本敗戦後はマレーに召還となりマレー独立のために活動し、後に国会議員となりました。戦前の日本を良く知り、戦後の日本も良く知っていました。そのノンチック氏は戦後の日本を心配して次のように述べています。
 
「今の日本人にアジアへの心が失われつつあるのを残念に思っています。これからもアジアは、日本を兄貴分として共に協力しながら発展してゆかねばならないのです。ですから今の若い日本人たちに、本当のアジアの歴史の事実を知ってもらいたいと思っているのです」

 現代日本人は歴史を奪われ大東亜戦争を「侵略戦争」だったと洗脳されています。日本人は自虐と自信喪失に陥っています。だからノンチック氏は日本人に本当のアジアの歴史の事実を知ってもらいたいと述べています。そしてノンチック氏は日本人が日本人の心を失い、利己主義、金拝主義に陥ることを心配して以下の詩を書いています。日本人は本当の歴史を知り、ノンチック氏の言葉を噛み締めるべきでありましょう。


 かつて 日本人は 清らかで美しかった
 かつて 日本人は 親切で心豊かだった
 アジアの国の誰にでも 自分のことのように
 一生懸命つくしてくれた


 何千万人もの 人の中には
 少しは変な人もいたし 
 おこりんぼや 我が儘な人もいた 
 自分の考えを 押しつけて
 威張ってばかりいる人だって 
 いなかったわけじゃない

 でも、その頃の日本人は 
 そんな少しの嫌なことや 不愉快さを越えて
 大らかで 真面目で 希望に満ちて明るかった

 戦後の日本人は 自分達日本人のことを
 悪者だと思い込まされた 
 学校でも ジャーナリズムも
 そうだとしか教えなかったから 
 真面目に 自分達の父祖や先輩は
 悪いことばかりした 残酷無情な
 ひどい人達だったと 思っているようだ

 だから アジアの国に行ったら ひたすら ペコペコ謝って
 私達はそんなことはしませんと 言えばよいと思っている

 そのくせ 経済力がついてきて 技術が向上してくると
 自分の国や 自分までが 偉いと思うようになってきて
 うわべや 口先だけでは 済まなかった 悪かったと言いながら 
 独りよがりの 自分本位の 偉そうな態度をする
 そんな 今の日本人が 心配だ


 本当に どうなっちまったんだろう
 日本人は そんなはずじゃなかったのに
 本当の日本人を 知っている 私達には
 今はいつも 歯がゆくて 悔しい思いがする

 自分のことや 自分の会社の利益ばかりを考えて
 こせこせと 身勝手な行動ばかりしている
 ヒョロヒョロの日本人は これが本当の日本人なのだろうか

 自分達だけでは 集まって
 自分達だけの 楽しみや 贅沢に耽りながら
 自分がお世話になって住んでいる
 自分の会社が仕事をしている
 その国と 国民のことを 蔑んだ眼でみたり バカにしたりする

 こんな 人達と 本当に仲良くしてゆけるだろうか
 どうして どうして日本人は こんなになってしまったんだ


 1989年4月 クアラルンプールにて



参考文献
 日本教育新聞社「日本人よありがとう」土生良樹著
 展転社「世界から見た大東亜戦争」名越二荒之助編

添付画像
 ジョホールバル攻略戦(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

日本人よありがとう (マレーシア元上院議員 ラジャー・ダト・ノンチック)

http://www.youtube.com/watch?v=WrUHchsWwkg

トップページ | 「ハル・ノート」の根底にあった人種差別 »

02.大東亜戦争・マレー・シンガポール」カテゴリの記事

コメント

本当に日本人はどうなってしまうんですかね。
戦後得たものより失ってしまったものが多いような気がします。
少しずつみなおしていかなけれないけませんね。

身の引き締まる思いがします

金星さん、コメントありがとうございます。

戦後のGHQの政策が尾を引いているのでしょうけど、時計の針は戻りませんから、我々現代日本人が自らの意思で良いものを取り戻していかなければならないのでしょうね。

あんこやさん、コメントありがとうございます。
ノンチック氏の詩は3年ぐらい前に務めている会社の社長から教えていただいたのですが、愕然とさせられました。今まで自分は何をやっていたのだろうと思いましたよ。

まさにGHQの熱心な日本人破壊教育の成果でしょう。
これは知った奴等は大喜びでしょう。

+×さん、コメントありがとうございます。
教育によって破壊された日本人の心を取り戻していきましょう!

ポール・マッカートニーさんが昨年11月に来日コンサートを行い、億円単位の収益を上げて帰国しました。
彼の♪Junior's Farm♪には、戦後政策の一つ「子供軍隊による、他人の人生を使いんだ愉快犯劇場型犯罪ゲーム」が歌われている気もします。

あの戦争では、なんだかんだと言っても、「大日本帝国の植民地支配からの解放だ」と逆手をとって掲げた手前、「戦後の植民地支配からの解放は必須」となってしまいました。

コミンテルン作戦とも言われ、一見、コミンテルン世界政府勢力が植民地支配から解放した、と見せ掛けが有りました。

しかし、現実を見ると…。
欧米諸国と大日本帝国が戦争で疲弊し、中華も内戦で疲弊し、ソ連が漁夫の利で終戦間際に出動し、殆ど無傷で戦勝国となりました。ソ連は、旧植民地支配国を排除した後の新植民地支配勢力として世界制覇侵略を掛けだし、ソ連による世界支配の危機に慌てた欧米諸国が対応に出ましたが、疲弊していたせいで敗戦続き。アメリカなぞ日本に軍隊所持を禁止した為に大韓民国を連れ歩き、ベトナム戦争の賠償金を支払わされ特別移民枠を提供させられ、国内でケッタイナ騒ぎを起され、日本統治では鮮人等に攻撃されと大変な事でしたが…。

戦後体制で、子供軍隊による国家破壊工作は、彼等の幼少時から特権と優越感を与え、<低俗軽薄短小無知蒙昧な虐待迫害愉快犯人生ゲーム>を遣らせる事によって行われました。カンボジアでは、大虐殺が行われ、日本国内でもじわじわと虐殺侵奪が彼等によって行われて来ました。

その為に、大日本帝国の遣ろうとした事や戦時の事実が歪曲されて宣伝されて来ました。その先鋒となったのが、子供軍隊です。裏で仕切っていた勢力の一つは、欧米型植民地支配時代そのものを体験から知る人々に発言権や力を与えないようにし、仕返しを避ける為に遣らせていた勢力が有ります。

若い世代は、日本人から権利や地位や金品技術などを強奪し、戦後社会を贅沢に生きて来ました。
その方の1989年の評価を読むと、「戦前から居てチョッパリに真珠湾謀略を仕掛けた勢力」と「戦後の子供軍隊」の遣って来た事だと解りますね。それ以前からもバブル期にも警告していたのですけれど、彼等は自らの贅沢が楽しくて誰も聞かなかった。その少し後の時期の感想ですね。
戦後の子供軍隊による日本の評価落としは、その方の評価にある通り。
悪評の殆どが、日本人自体が遣った事ではないだけに、嫌な感じがありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/37661038

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人よありがとう:

トップページ | 「ハル・ノート」の根底にあった人種差別 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31