無料ブログはココログ

« 敵兵を救助せよ | トップページ | ペルシャ湾に翻った旭日旗 »

軍部主導政治が戦争に向かわせたのか

戦後教えられた歴史は一旦忘れたほうがいいかもしれません。

Photo_2

 私が学校で学んだ戦前の歴史のターニングポイントは2・26事件、5・15事件であり、武力によって政党政治を壊滅し、軍部主導の政治になって戦争への道を歩んだ、というものでした。しかしながら、大人になって自分で歴史を調べてみると、軍部主導の政治になっても日本から戦争を仕掛けたり侵略するような能動的計画も行動も存在しません。すべて受身で後手後手に回り、止むえず戦争になっています。学校で教わったのはGHQが仕込んだ日本軍悪玉論だったようです。ターニングポイントはもっと前の日露戦争後の小村外交に端を発した日本とアメリカ、イギリスとの関係でしょう。

 日露戦争終盤、日本側は弾切れの状況になり、米国も日本の勝ちすぎを警戒し仲介。ポーツマス条約を結ぶことになります。日露戦争において日本のバックには莫大な資金援助をする米国の鉄道王ハリマンらのユダヤ資本がありました。セオドア・ルーズベルト米大統領はユダヤ人です。(諸説あり) ユダヤ人はロシアから迫害されていたので日本に資金援助をしたのです。そして戦後、ルーズベルト大統領は鉄道王ハリマンを日本に派遣し、桂・ハリマン協定を結びます。奉天以南の東清鉄道の日米共同経営する仮規定です。これはニューヨーク~アメリカ大陸横断鉄道~南満州鉄道~シベリア鉄道~大西洋航路~ニューヨークという「地球交通」という大規模プロジェクトの一貫です。ところが小村寿太郎外相は来日したハリマンの帰国(1905年10月13日)の3日後、入れ違いに米国から帰国し、協定に驚き、小村は既にハリマンの商売敵モルガンを推していたので強行に反対し、この協定を破棄させてしまいました。モルガンとの提携は機関車やレールを買ってくれというだけのものでした。日露戦争をあれだけ支援したルーズベルト&ユダヤ資本を袖にしたわけです。

 この頃見逃せないのが日露戦争の日本勝利にアジア諸国が喚起したことです。支那からは一万人超える支那人留学生が東京へ押し寄せています。この姿は白人達にとって脅威だったでしょう。ドイツのフォン・グレイル前駐北京大使はベルリンで会議を開き
「中国の日本化が進むと欧州の権益が失われる」と主張し、「米、英と協力し、日本を押さえ込まねばならない」(ニューヨークタイムズ)と政府に警告を発しています。

 憤慨した米国は大陸の権益を得るためにはは目の上のこぶである日英同盟をつぶしにかかり、米国は日英同盟の対象から米国をはずすようなど働きかけ、大正10年(1921年)ワシントン会議で四カ国条約により日英同盟廃止にこぎつけます。

 ワシントン会議ではワシントン海軍軍縮条約が結ばれ、主力艦の比率は英米日5:5:3となります。日英同盟が破棄された上では米英10に対して日本は3になったわけです。日本を孤立化させ、米国は日本を仮想的国として大陸への進出を着々と狙っていったのです。
 アメリカはその後も日本を敵視し続け、支那事変が起こると支那に肩入れをし、中立を破ります。そして欧州で第二次世界大戦が始まると日本を戦争に引きずり込む計画をたて(マッカラムメモランダムといわれるもの)、空軍(フラインングタイガース)を支那に送り込み、石油や屑鉄の輸出をストップさせ、日本の対外資産を凍結し、昭和16年(1941年)9月には日本爆撃(陸海軍合同委員会計画JB-355)を大統領が許可しました。爆撃計画は中止となりましたが、「ハル・ノート」と呼ばれる要求を日本に突きつけ、日本に真珠湾を攻撃させたのです。



参考文献
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之(共著)
 朱鳥社「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 海竜社「国家への目覚め」櫻井よし子・田久保忠衛(共著)
 詳伝社黄金文庫「東條英機 歴史の証言」渡部昇一(著)
参考サイト
 WikiPedia「日英同盟」「ワシントン軍縮会議」

添付画像
 2・26事件で永田町を占拠した決起軍(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 敵兵を救助せよ | トップページ | ペルシャ湾に翻った旭日旗 »

50.歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/39126957

この記事へのトラックバック一覧です: 軍部主導政治が戦争に向かわせたのか:

« 敵兵を救助せよ | トップページ | ペルシャ湾に翻った旭日旗 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31