無料ブログはココログ

« 米軍に投降すれば沖縄県民は助かったのか | トップページ | 沖縄戦では日本軍がいたところで集団自決が発生したのか »

渡嘉敷島・死線を越えた人たちの再会

「集団自決」問題で騒いでいるのは関係ない人たち。

Ss


 大東亜戦争沖縄戦の集団自決問題でクローズアップされた渡嘉敷島。昭和45年(1970年)、日本軍の責任者であった赤松元大尉は渡嘉敷村から慰霊祭のスケジュールを受け取ります。そして赤松元大尉は出席の意向を伝え、3月26日に那覇に到着しました。そこで大ブーイングを浴びます。

「赤松帰れ!」

「人殺し帰れ!」

 そして赤松元大尉は村の人々とともにその場を後にします。つまり、赤松元大尉を非難しているのは当時の軍人、島民ではなく、全く別の人たちなのです。

 赤松元大尉は残念ながら那覇で足止めを食い、渡嘉敷島にわたることができませんでした。赤松隊に所属していた生き残り将兵十三人と遺族が渡嘉敷島に渡り、慰霊祭に出席します。

 同行した皆本元少尉の話。

「島の方がたは大変残念がっていましたね。『赤松さんにぜひ来てほしかった』という声を何度も聞いております。のちに関西で行われた会合では、当時の玉井村長さんがわざわざ来てくれました」

 慰霊祭の様子を琉球新報と沖縄タイムスが書いています。

琉球新報(三月二十九日付)

「この日の渡嘉敷村は平日と変わらない静かなたたずまい。赤松元大尉が来島できなかったことや、その部下が初めて来島したことにも反応は少なく、報道陣が詰めかけたのが、異様にさえ感じているような冷静さ。赤松元大尉が本島まで来ていることを知らされても『肉親を失ったことは忘れられないが、いまさら古傷にふれても仕方がない』と言った言葉が返ってくるだけ。本島で繰り広げられた『赤松帰れ!』の騒ぎはウソのような『悲劇の島』二十五回忌の慰霊祭-」

沖縄タイムス(三月三十日付)

「五十年配の人たちは男女の別なく、生き残り将兵等と手を取り合った。炊事班に借り出され、赤松隊で働いていたという夫人などは、顔を覚えていた何人かをつかまえ、当時はお世話になりました、と涙を流さんばかりだった」

 慰霊祭のあとの「第三戦隊戦友会村民懇親会」では村のご夫人や娘さんが島の踊りを披露して歓迎し、出席した皆本元少尉は一緒に踊ったそうです。私の手元の本にそのときの写真が一枚載っています。「集団自決は強制だった」という人たちは、この写真を見て何というのでしょう。「死ね」と言った人たちを歓迎するわけないでしょう。

 島に渡れなかった赤松元大尉はモーターボートをチャージし、渡嘉敷島沖まできて、島へ向けて手旗信号で何かを合図します。誰に向けたのかはわかりませんが、おそらく元部下が島にいて元隊長の意を汲むことになっていたのでしょう。あの日あの時あの場所にいた死線を越えた人たち同士にしかわからない感情、戦後生まれの私などにはわからないものがあるのだと思います。

 平成19年(2007年)、沖縄で集団自決軍命令の教科書記述削除に抗議する、いわゆる11万人集会(実際は2万人弱)に参加した渡嘉敷村の人はゼロです。



参考文献
 WAC「沖縄戦・渡嘉敷村『集団自決』の真実」曽野綾子(著)
 オークラ出版「沖縄とアイヌの真実」『渡嘉敷島集団自決軍命令はなかった』皆本義博/但馬オサム

添付画像
 渡嘉敷島(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 米軍に投降すれば沖縄県民は助かったのか | トップページ | 沖縄戦では日本軍がいたところで集団自決が発生したのか »

33.沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡嘉敷島・死線を越えた人たちの再会:

« 米軍に投降すれば沖縄県民は助かったのか | トップページ | 沖縄戦では日本軍がいたところで集団自決が発生したのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31