無料ブログはココログ

« デバイド・アンド・ルール | トップページ | ビルマの独立への思い »

イギリスの侵略をうけたビルマ

白人こそが侵略者。

Spd


 19世紀当初、ビルマ(現ミャンマー)は清国を宗主国としていました。しかし、その後イギリスの侵略を受けます。1824年にビルマ戦争の火蓋が切って落とされます。清国は援軍を出し、ビルマ軍と共にイギリスと戦いますが、敗れ領土の一部をとられてしまいます。
 1852年、さらにイギリスは侵略を開始し、ビルマは再び清国に援軍を要請しますが、イギリスはフランスを味方にして天津攻略などを行い、清国をかく乱しており援軍どころではない状況にしてしまっています。実に狡猾なイギリスのアジア侵略が見えてきますね。そしてビルマは無残な結果となります。1885年にはビルマ国王シーボウは降伏し、幽閉されることになります。英清条約によって清国とビルマの関係は切り離されてしまいます。1886年、ビルマはイギリス領であったインドに併合されてその1州となってしまったのです。

 これよりビルマでは暗黒の時代に入ります。公用語は英語になり、ビルマの民族衣装ロンジーは侮蔑され、ビルマの伝統的教育を解体されます。ごく一部のビルマ人のみ教育を受けることができ、あとのビルマ人は白人のよき下僕となることが良いこととされ扱われるようになります。日本は明治時代の頃です。
 イギリスの植民地支配は巧みで、インド人労働者を大量にビルマに送り、資本を投入し、ビルマ人労働者を圧迫しました。インド人は労働以外にも農業開発資金を貸し付ける金融業者として、あるいはあらゆる商業経済に属する者としてもビルマ人の経済を圧迫しました。インド人とビルマ人を反目させ、その上にイギリス人が君臨する。デバイド・アンド・ルールです。さらにビルマは支那人の移住にも悩まされ、イギリス、インド、支那から二重三重に搾取されるようになりました。

 イギリスに支配されたビルマ人はどんどん無気力で無自覚になっていきました。1900年頃よりビルマ独立運動を展開していたオッタマ僧正は、当時のビルマ人の多くは港にイギリスの巨大なタンカーが停泊し、本来ビルマ人のものであるべき石油がどんどん収奪されていくのを見ても、自分達の血が吸い取られていくに等しい痛みを感じることもなく、イギリスはあんな立派な船が作れるすばらしい国なんだと、むしろ憧憬の念をもってタンカーを眺めていたといいます。

 無気力、無自覚になったビルマ人に転機が訪れたのはボーア戦争(1899年~1902年)と日露戦争(1904年~1905年)でした。ボーア戦争は南アフリカに移住したオランダ系農民が、原住民とともに、イギリスの統治に反抗して戦った戦争です。結果、イギリスの勝利となりましたが、ビルマ人に大きな影響を与えました。日露戦争は言うまでもありませんね。我々日本人の先人が有色人種として初めて白人を倒した戦いです。

 ビルマの歴史家ティン・アウン博士
「この頃にビルマの最初の映画館が出現したが、上映されたのはボーア戦争と日露戦争の記録映画であった。観客はスクリーンに写し出されたマフェキン(イギリス軍に包囲されたボーア人の町)のボーア人救出に安堵のため息をつき、日本軍の兵士が鉄道で輸送されるロシアの軍隊を襲撃する場面に拍手を送った。
 その頃は映画の検閲などもちろん無かったうえに、イギリスの役人たちは、ボーア人に対するイギリスの勝利を印象づける映画や、どっちみちイギリスの同盟国(日英同盟)である日本がロシアに勝つ映画は、ビルマ人に見せても害はないと考えていた」


 オッタマ僧正は日露戦争の日本勝利に感激し、日本に2回行き、その感激を「日本」という著書に表し、ビルマ国民の奮起を促しました。

「日本の隆盛と戦勝の原因は、英明なる明治大帝を中心にして青年が団結して起ったからである。われわれも仏陀の教えを中心に、青年が団結、奮起すれば、必ず独立を勝ち取ることができる」「長年のイギリスの桎梏(しっこく)からのがれるには、日本を頼る以外に道はない」

 オッタマ僧正は1939年(昭和14年)に死去しました。しかし、僧正のビルマ独立の悲願はその約4年後に訪れます。その契機となったのは大東亜戦争でした。日本がアメリカ、イギリス、オランダの横暴に対して立ち上がったからです。




参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之(共著)
 PHP「ビルマ独立に命をかけた男たち」遠藤順子(著)
 転展社「世界から見た大東亜戦争」名越ニ荒之助(編)
参考サイト
 Wikipedia「ミャンマー」
添付画像
 1895年のラングーン(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« デバイド・アンド・ルール | トップページ | ビルマの独立への思い »

05.大東亜戦争・ビルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/41026163

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスの侵略をうけたビルマ:

« デバイド・アンド・ルール | トップページ | ビルマの独立への思い »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31