無料ブログはココログ

« エルトゥールル号の遭難 | トップページ | 清朝皇帝溥儀、満州へ »

満州事変

満州事変は侵略ではない。

S193109_

 昭和6年(1931年)9月18日、関東軍は奉天郊外の柳条湖で満鉄路線を爆破。満州事変が勃発します。

 このとき、関東軍の兵力は仙台第二師団を基幹とする14,500人でした。これは条約によって満州在留邦人23万の生命と財産を守るために決められた数が駐屯していました。一方、満州の張学良がひきいる軍閥は満州鉄道沿線に約5万人、その他の地域に21万5千人、合計26万5千人の勢力を持っていました。さらに軍閥の予算の80%を軍事費として使い(行政には20%だけ)、近代的装備を保有していました。

 張学良軍は匪賊と同じで昼間でも訓練のないときは民間住宅に押し入り、ゆすり、たかり、強姦などを行って住民から憎悪と反感を買っていました。夜間になると武器を持って営外にでて悪行を行っていたため、張学良は昼間の演習が済むと夜間は兵士から銃器一切をとりあげて、武器庫に収めてしまうことが多くありました。関東軍作戦参謀・石原莞爾らはこれに目をつけ、9月18日夜間に柳条湖で満鉄路線を爆破し、犯人は張学良軍の反日行動であるとして、3600の兵力で張学良と部下6700名が居る北大営に24センチ重砲をぶっ放します。張学良らは武器を倉庫にしまっていたため、十分に反撃できず、大半はほうほうの態で逃げ出しました。

 張学良軍は表面上は無抵抗を装っていましたが、錦州に拠点を移します。関東軍は幣原弱腰外交の不拡大方針を無視し、錦州を爆撃。またたくまに南満州の主要都市を占領。事前に石原莞爾は朝鮮軍の参謀と連絡を重ねており、朝鮮軍も出動させ、北満州へ進出。11月には馬占山軍と激しい戦闘の結果、黒龍江省のチチハルを占領、翌年2月ハルビンを占領します。

 この満州事変のところだけつまんでみてしまうと政府の抑止を聞かずに関東軍が暴走したという話になります。多くの人はそう聞かされ日本の侵略行為として自虐史観を持っているのではないでしょうか。しかし、軍閥と国民党の不法行為、執拗な嫌がらせの流れを見てみれば、日本人居留民の生命と財産を守るためには武力に訴えるしかないことがわかります。直に被害をうけてきた民衆、満州青年連盟は関東軍を支持しています。また満州は支那のものではありませんでした。満州族のものです。ですから支那から奪ったのではありません。満州の民衆は関東軍を敵視していません。日露戦争以降、民衆は日本軍の規律の正しさを見てきており、ロシアや軍閥などの横暴を見てきています。満州では張学良が民衆に過酷な税を課し、怨嗟の声が満ち満ちていました。民衆にとって日本軍は解放軍として迎え入れられたのです。そして昭和7年、五族協和の理想国家、満州国が建国されました。

 ラルフ・タウンゼント(1931年上海副領事)「暗黒大陸中国」より
「あそこ(満州)に暮らす約三千万の中国人には満州国は天国である。(中略) 中国人はただ働けて束縛されずに生きられれば、どんな旗がはためこうと全く気にしない。懐具合がよくて家族が無事でいれば後はどうでもよいのである。台湾、朝鮮、大連統治を見れば、日本は満州国を立派な国にしてくれるであろう。万が一、不具合があったとしても、追い出した連中、常軌を逸した暴君どもよりははるかにましである(中略) 大きな目え見て、何色の旗が翻るかなどという感傷的なことは抜きにして、数百万の人間が幸せに暮らしているのに、損をする人がいるだろうか」

 ジャーナリスト フレデリック・ビンセント・ウイリアムズ
「満州とは日本人が出かけて行って貪り食った、罪を犯した国だとごく普通の人たちは信じているだろう。日本がそこに行ったのは確かだ。しかしもし諸君が満州に行けば - 満州国 - 日本はサンタクロースの役をこれまで演じていること、満州人が断然幸福であることを発見するだろう。彼らの古いご主人、ロシアと中国はまあ残酷な親方で、ひどく苦しめられていたのだ。平和と安全、政府とビジネスの安定、鉄道の建設、都市の建設、病院や学校をもたらしたのは日本だった」



参考文献
 PHP新書「世界史のなかの満州帝国」宮脇淳子(著)
 光人社「騙しの交渉術」杉山徹宗(著)
 新人物往来社「歴史読本」2009.9『石原莞爾の生涯』阿部博行
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 芙蓉書房出版「暗黒大陸中国」ラルフ・タウンゼント(著)/田中秀雄・先田賢紀智(訳)
 PHP「板垣征四郎と石原莞爾」福井雄三(著)
 芙蓉書房出版「中国の戦争宣伝の内幕」フレデリク・ビンセント・ウイリアムズ(著)/田中秀雄(訳)

添付画像
 柳条湖の鉄道爆破現場を調査している様子(PD)
 実行者は河本中尉らとされている。これは河本中尉の所属する川島中隊の2,3の将校からの聞き取り、関東軍参謀花谷正の手記によるもの。しかし、石原莞爾は「永遠の謎」と言うだけでそれ以上は語らなかった。

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« エルトゥールル号の遭難 | トップページ | 清朝皇帝溥儀、満州へ »

13.満州史」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
桜井よしこ氏は爆発したのは関東軍ではなく、張学良だとテレビで言ってましたよ。
どなただか忘れましたが、他の方がそう言っているのも聞きました。
宮崎正弘氏も張学良犯人説を取っているそうです。
少なくとも、リットン報告書は爆破の犯人を特定していませんし、日本軍の行動が自衛のためであった可能性も否定していませんし、パル判事も中国側犯人仮説を支持しています。
なので関東軍が爆発したと広めるのはどうかと思いコメントさせていただきました。
反日分子のプロパガンダ本があふれていますし、日本兵の証言を含め戦後買収された者も少なくないそうですので、どうぞお気を付けを。では♪

midorinさん、コメントありがとうございます。

あら、そのような説がありますか。張作霖爆殺の話ではないですか?

柳条湖って言ってましたよ。テレビ動画見ながら自分の持ってる本の関東軍がやったって書いてある部分をすぐ直したので、記憶間違いでもありません。
桜井氏はどの証拠物件によるとは言わなかったのですが、共演者の方と「あれは張学良ですものねぇ」と言って共演者の人もうなずいていました。
You Tubeで見たのですがNHKだったような。
宮崎氏は桜チャンネルだそうです。

(ご参考まで)
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11358759568.html

midorinさん、返信ありがとうございます。

宮崎さんのメルマガ見ましたが、まだ証拠に乏しいようですね。関東軍説も証言証拠だけなので確実ではありませんが。

ポイントは「本当の事はまだよく分かっていないんだ」という事なんだと思うんですよ。
張作霖爆殺も長い間関東軍の仕業と言われてきたけれど、ソ連情報機関の資料が発掘され、今ではコミンテルンの仕業(ソ連と張学良)説が極めて有力。
廬講橋事件もこれまで日本の中国侵略の証みたいに言われてきたけれど、東京裁判時の劉少奇の会見証言で劉少奇ら共産党の謀略であったことが分かっている。
柳条湖事件も関東軍の仕業と言われてきたが。。。
ソ連や中国共産党は謀略、謀略、謀略で謀略が常套手段です。それに対して我が日本軍の姿勢はどうだったでしょうか。この件が不明でもこの件を取り巻く前後もっと長いスパンやもっと広い地域での日本軍の姿勢はどうだったか。今の中国の情報戦の仕方はどうかも合わせて考えてもらいたいんです。自分達がしたことを日本人のせいにする。自分達がした別の事件を日本人がした事として話をすりかえる。それに反日分子が加担してデマのオンパレード。
もちろん日本軍に入り込んでいたかもしれないスパイの仕業ということも可能性としては残っています。
なので今、日本人に周知すべき項目としては
①こうゆうことがあった
②犯人について、【日本の主張】は誰々説、中国の主張は誰々説。「真実はまだよく分かっていない」
③当時の国際社会(もしくは調査結果)はどう見たか
④現在の国際社会はどう見ているか(報道しているか)
ご存知のように日本はずっと様々な冤罪で責められそれと今でもずっと戦っています。この件だって「本当のことはまだよく分かっていない」という認識が本来の現在の状況であるべきにも関わらず、柳条湖の勃発日の中国のデモについて世界のメディアは「関東軍がああだこうだして日本軍が侵略したので今でも中国人は怒っている」と各国が報道していて、敵の言い分だけが真実のように扱われています。
そんな中、「犯人は張学良軍の反日行動であるとして、~」これではまるで敵の言い分ではないか、敵のプロパガンダに日本人が乗せられてていいのか、と思った次第です。反日の人のサイトならまだしも、普通の感覚の日本人の人のサイトに見受けられたので、立ち止まって見ました。長くなってしまってごめんなさい。記事を訂正してもらいたいというのでもないのは分かってくださいね。これからもお互い、がんばりましょう!

midorinさん、コメントありがとうございます。

ご心配かけてしまっているようですね。
柳条湖爆破については通説を書きましたが、石原莞爾が認めていないので、添付画像の説明のところに書いている通り、証言証拠によるものと記しました。
一応、情報が偏らないよう「参考文献」に記してある通り、複数文献を参照しています。中には東京裁判史観の文献もでてきますよ(笑)。今度、南京事件についても書くつもりですが、肯定派の文献からの引用も続々登場しますので、お楽しみにください(笑)。ご批判はご自由にしていただいて結構です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満州事変:

« エルトゥールル号の遭難 | トップページ | 清朝皇帝溥儀、満州へ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31