無料ブログはココログ

« 国民が怒った弱腰外交「ロンドン軍縮会議」 | トップページ | 真珠湾攻撃前夜 »

アメリカの乱暴狼藉、日本の弱腰外交の果て

弱腰外交の果てが日米戦争だった。

S727pxjap_planes_preparingpearl_har


 思想家、大川周明が昭和16年(1941年)12月に行ったラジオ演説「米英東亜侵略史」は若干の修正を加え、出版され、ベストセラーになりました。その中で一歩も譲歩しないアメリカの対日外交を「乱暴狼藉」と批判し、ロンドン軍縮会議をはじめとする日本の弱腰外交を問題視し、つづいてアメリカ・カリフォルニア州の排日問題についても述べています。

「加州(カリフォルニア)における排日問題の時でも、大統領ルーズベルト(セオドア・ルーズベルト)は、日本人はかくの如き侮辱を甘受する国民ではないと信じていたので、フィリピン陸軍司令官ウッドに対し、何時日本軍の攻撃を受けても戦いえるよう準備せよという命令を発し、しかも万一日米戦争になればフィリピンは日本のものとなるであろうと甚だ憂鬱であったのであります。そして心配に堪えかね、フィリピン派遣という名目で陸軍長官タフトを東京によこしたのでありますが、タフトは東京から『日本政府は戦争回避のために最も苦心を払いつつあり』と打電して、ルーズベルトの愁眉(しゅうび)を開かせております」

 カリフォルニアの日本人移民迫害はひどいもので、エスカレートしていった結果、1924年移民法では「合衆国市民となることを得ざる外国人は・・・合衆国に入国することを得ず」と規定し、大審院により「帰化不能国民」と判決された日本人は、各国に割り当てられた移民割り当ての対象外とされました。実質、日本人をターゲットにした法律でした。この法律が「排日移民法」といわれる所以です。東京の新聞社15社は「排日移民法」の不正不義を断じ、全国各地で排米国民大会が開かれ、日本の世論は沸騰したのです。昭和天皇は「黄白の差別感は依然残存し加州(カリフォルニア)移民拒否の如きは日本国民を憤慨させるに十分なものである」と大東亜戦争の遠因として回想しているほどで、日本政府は侮辱を受けても弱腰だったのです。

 日露戦争以降の数々のアメリカの横暴に対して日本政府は弱腰をずっと続け国民は怒り続けたわけです。支那事変が勃発し、アメリカは支那を支援し、日本への嫌がらせをどんどんエスカレートさせ、日米交渉をぶち壊してハル・ノートを突きつけるに至ります。既にこの時点で国民感情としては日米開戦に傾倒していました。詩人の高村光太郎氏が日米開戦のときに次のような詩を作っています。


 黒舟以来の総決算の時が来た。民族の育ちがそれを可能にした。

 長い間 こづきまはされながら、なめられながら、しぼられながら、

 仮装舞踏会まで敢えてしながら、彼等に学び得る限りを学び、

 彼らの力を隅から隅まで測量し、彼らのえげつなさを満喫したのだ。

 いまこそ、古しへにかへり 源にさかのぼり 一瀉(いっしゃ)千里の 奔流となり得る時が来た。



 大川周明は「米英東亜侵略史」の「米国東亜侵略史」の項の次のように締めくくりました。
「弘安四年、蒙古の大軍が多々良浜辺に攻め寄せたとき、日本国民は北条時宗の号令の下、たちどころにこれを撃退しました。いまアメリカが太平洋の彼方より日本を脅威する時、東条内閣は断固膺懲(ようちょう こらしめること)を決意し、緒戦において開戦史上振古(しんこ おおむかしのこと)未曾有の勝利を得ました。敵、北より来たれば北条、東より来たれば東條、天意か偶然か、めでたきまわりあわせと存じます・・・国家の根本動向に向かって進ませていくこの偉大なる力は、私の魂に深き敬虔(けいけん)の念を呼び起こします。私はこの偉大なる力を畏れ敬いまするがゆえに、聖戦必勝を信じて疑わぬものであります」



参考文献:
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 小学館文庫「日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く」佐藤優(著)
 転展社「大東亜戦争への道」中村粲(著)
 文春文庫「昭和天皇独白録」
参考サイト:
 Wikipedia「高村光太郎」
添付画像
 真珠湾へ向け出撃する機動部隊(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 国民が怒った弱腰外交「ロンドン軍縮会議」 | トップページ | 真珠湾攻撃前夜 »

01.大東亜戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/43081112

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの乱暴狼藉、日本の弱腰外交の果て:

« 国民が怒った弱腰外交「ロンドン軍縮会議」 | トップページ | 真珠湾攻撃前夜 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31