無料ブログはココログ

« 南京虐殺はデッチあげだった | トップページ | ダーディン記者は南京虐殺を見たのか? »

南京虐殺を最初にデッチあげたのは誰か

誰が南京虐殺をデッチあげたのか。

S121220


 昭和12年(1937年)12月の支那事変南京戦で、南京大虐殺が行われたというのは全くのウソです。こうしたウソを最初にでっちあげたのは誰でどのような目的だったのでしょうか。

 これは支那の蒋介石国民党が「宣伝戦」によって世界が日本を敵視するようにするための戦略から始まっています。蒋介石国民党は「国民党中央宣伝部」というのを創設しました。国民党極秘文書には以下のことが書かれています。

「成都の華西や金陵などの外国人教授を特約として多数招聘(しょうへい)し、教務のほかに当処(国際宣伝処)において英文パンフレットの資料選択と編集や、最終的な審査工作を担当してもらう。編集委員会を設立し、アメリカ人のプライス博士を主事とする。プライス博士はわれらの良き友であり、協力してもらえるので実に助かる」

 外国人に宣伝してもらおう、というものです。第三者である外国人に宣伝してもらったほうが信じられやすいからです。そこで、イギリスのマンチェスター・ガーディアンの記者のティンパーリーという人を使い「外国人の見た日本軍の暴行」(戦争とは何か)を編集させ、ヨーロッパにホラを撒き散らしました。ティンパーリーは金陵大学社会学科のスマイス博士に南京の被害調査を依頼していますが、調査結果、南京市内の日本軍の暴行による死者は2,400人となっています(これも実はトリックがあり過大)。ティンパーリーは表の顔はマンチェスター・ガーディアンの記者、裏の顔は国民党中央宣伝部の顧問であり、「外国人の見た日本軍の暴行」(戦争とは何か)というプロパガンダ本の内容はのベイツ教授(裏の顔、国民党政府顧問)とフィッチ師が執筆したものでした。フィッチ師の妻は蒋介石夫人と親友です。

 国民党極秘文書より
「われわれが発表した宣伝文書を外国人記者が発信すれば、もっとも直接的な効果があるが、しかしそのためには彼らの信頼を得て初めてわれわれの利用できるところとなる。この工作は実に難しいが、決しておろそかにしてはならない」

 国民党中央宣伝部は南京戦前からティーパーティーと記者会見を開いて一般の外国人記者と親交を深めていきます。そして南京陥落(12月13日)後に国民党政府顧問のベイツ教授(表の顔は南京大学教授、国際委員会)は自らのレポートを外国人記者にわたします(12月15日)。このレポートをもとに日本軍の暴行記事を書いたのが「シカゴ・デイリー・ニューズ」のスティール記者と「ニューヨーク・タイムズ」のダーディン記者です。

 シカゴ・デイリー・ニューズ(12月15日)
「南京の包囲と攻略をもっともふさわしい言葉で表現するなら<地獄の四日間>ということになろう。・・・南京陥落の物語は、落とし穴に落ちた中国軍の言葉に絶する混乱とパニックと、その後の征服軍による恐怖の支配の物語である。何千人もの生命が犠牲となったが、多くは罪の無い人たちであった。・・・それは羊を殺すようであった。・・・以上の記述は包囲中の南京に残った私自身や外国人の観察にもとづくものである」

 ニューヨーク・タイムズのダーディン記者も「非戦闘員」の殺害と書いています(12月17日)。ところがロイターのスミス記者は「非戦闘員」の殺害など書いていません(12月18日)。AP通信より発せられたパラマウント・ニュース映画のアーサー・メンケンカメラマン(※1)の報告では支那便衣兵(服装を変えて市民の中に紛れ込んだ兵)の処刑については書いてあっても「非戦闘員」の殺害など書いていません(12月17日)。ここが宣伝工作の難しいところで、足並みがそろわないと信じてもらえない。

 支那国民党政府はシカゴ・デイリー・ニューズ、ニューヨーク・タイムズの「非戦闘員」虐殺報道とは裏腹に、その後の300回に及ぶ記者会見を行いましたが虐殺には一切触れていませんし、世界に訴えたり、外交ルートを通じて日本政府に抗議することはなく、唯一、これらの新聞記事をもとに国際連盟に訴えたのみです。国際連盟はこれを無視しました。

※1 コメントにより「AP通信のメンケンカメラマン」と書いていたのを訂正。(H24.9.28)


参考文献
 草思社「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」東中野修道(著)
 文春新書「『南京事件』の探究」北村稔(著)
 WAC「南京大虐殺のまぼろし」鈴木明(著)
 小学館文庫「南京事件の総括」田中正明(著)
添付画像
 南京外交部跡の野戦病院で日本の衛生隊に看護される負傷した中国兵(昭和12年12月20日)(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。


なぜ南京大虐殺は捏造されたのか?

http://www.youtube.com/watch?v=iPhyKUmxwm0

« 南京虐殺はデッチあげだった | トップページ | ダーディン記者は南京虐殺を見たのか? »

08.南京虐殺という大嘘」カテゴリの記事

コメント

>ところがロイターのスミス記者は「非戦闘員」の殺害など書いていません(12月18日)。
>AP通信のアーサー・メンケンカメラマンの報告では支那便衣兵(服装を変えて市民の
>中に紛れ込んだ兵)の処刑については書いてあっても「非戦闘員」の殺害など
>書いていません(12月17日)。

はじめまして、南京虐殺について勉強しているものです。
ロイターとAPは市民の虐殺について書かなかったというのは本当でしょうか?
記事が読みたいのですが、どこで読めますか?

ところで、APの記者の名前はマクダニエルの間違いですよね。

真実が知りたいので、お返事いただければ幸甚です。

ヨコ家さん、コメントありがとうございます。
たしかにAPはマクダニエル記者です。ご指摘ありがとうございます。
このあたりの引用は参考文献にある「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」です。

ありがとうございます。
「南京事件 国民党極秘文書から読み解く」は読んでいないので購読したいと思います。

ベイツが中華民国の顧問だからといって嘘宣伝をしたとは言えないといった意見があります。

逆にそうである根拠として次の理由があげられると思います。

1. ベイツ自身が作成に関与している「南京安全地帯の記録」とベイツのメモおよび極東軍事裁判の証言が食い違っていること
2.ベイツの個人的見解が中国側の資料から何度も削除されているがそれに応じていること

ベイツが国民党の宣伝の一端を担ったのは濃厚ですが、断言するには決定的な証拠がありません。
何とか説得力のある論証ができないものでしょうか?

水城さん、コメントありがとうございます。
直接、国民党顧問を示す史料は東中野氏がみつけた史料ぐらいでしたね。裏付ける史料が欲しいところです。ですが、おっしゃる通り、色々な事実がそれを指しています。今後の研究に期待しましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/43191932

この記事へのトラックバック一覧です: 南京虐殺を最初にデッチあげたのは誰か:

« 南京虐殺はデッチあげだった | トップページ | ダーディン記者は南京虐殺を見たのか? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31