無料ブログはココログ

« 日本が韓国人から土地を収奪したというウソ | トップページ | 国土が荒れた韓国を復興させた日本 »

日韓合邦を亡国と思っていなかった韓国人

国家意識も民族意識も薄かった韓国人。

Slee_yonggu


 明治43年(1910年)の日韓併合は武力による植民地化ではなく、条約に基づいた併合であり、チェコ・スロバキア、ユーゴ・スラビアといったように当時では珍しくない合邦国家形態です。戦後になって「植民地」と言い出し、歴史を歪曲させたのです。

 明治27年(1895年)の日清戦争まで韓国(李朝)は清国の属国であり、一部の知識人を除く朝鮮人には「国家」の意識が薄く、更に、朝鮮民族という「民族」の意識も非常に薄いものでした。「民族」というのは日本語であり、日韓合邦後に朝鮮半島に広まり「民族」の意識が芽生えたようです。現在、韓国人は白頭山(はくとうさん/ペクトゥサン)を民族の聖地としていますが、これは日韓合邦後に生まれた学説です。

 民族意識が薄かった韓国人は日露戦争後、一進会を中心に日韓合邦を望みました。

 明治42年(1909年)12月「韓日合邦建議書(韓日合邦を要求する声明書)
「日本は日清戦争で莫大な費用と多数の人命を費やし韓国を独立させてくれた。また日露戦争では日本の損害は甲午の二十倍を出しながらも、韓国がロシアの口に飲み込まれる肉になるのを助け、東洋全体の平和を維持した。韓国はこれに感謝もせず、あちこちの国にすがり、外交権が奪われ、保護条約に至ったのは、我々が招いたのである。第三次日韓協約(丁未条約)、ハーグ密使事件も我々が招いたのである。今後どのような危険が訪れるかもわからないが、これも我々が招いたことである。我が国の皇帝陛下と日本天皇陛下に懇願し、我々も一等国民の待遇を享受して、政府と社会を発展させようではないか」

 国家意識も民族意識が薄い韓国人は日韓合邦を亡国とは思っていなかったようです。思想的には一進会の宋秉畯(ソン・ビョンジュン そうへいしゅん)は超民族主義者としてアジアの大勢を見ていたようです。

「連邦制では強固な国家足りえない。合邦する以上、日韓を不即不離のものとするため、韓国皇帝のすべてを日本天皇陛下に委譲することがもっとも現実的な方策だ」

 こうした一進会の動きに反対した勢力は李朝・守旧勢力であり、国家が消滅すること、朝鮮民族のことを心配して反対したわけでなく、既得権益が損なわれるから反対していたわけです。戦後、この歴史は歪曲され、一進会は日本の御用団体にされ、李朝・守旧勢力が「義兵」にすり替えられてしまいました。朝鮮民族が極貧と飢餓で疲弊しており、日韓合邦によって救われたことは隠しています。第二次世界大戦後、アメリカに擁立された韓国の政権が政権の正統性を作り出すために国家的に偽史を作り上げたのです。日本では学校教育や偏向マスメディアによってアメリカ製のウソの歴史が広められました。



参考文献
 文藝春秋「大韓民国の物語」李 榮薫(著) / 永島 広紀(訳)
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 朱鳥社「日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)

参考サイト
 WikiPedia「日清戦争」「白頭山」「一進会」

添付画像
 一進会会長 李容九(労働経済社「映像が語る日韓併合史」 PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 日本が韓国人から土地を収奪したというウソ | トップページ | 国土が荒れた韓国を復興させた日本 »

12.日韓史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/44516522

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓合邦を亡国と思っていなかった韓国人:

« 日本が韓国人から土地を収奪したというウソ | トップページ | 国土が荒れた韓国を復興させた日本 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31