無料ブログはココログ

« 張鼓峰事件 | トップページ | 太陽の先生と呼ばれた東中佐 ~ ノモンハン事件 »

日ソ、ノモンハンで激突

ついにソ連が仕掛けてきた。ノモンハン事件。

Sba10


  昭和13年(1938年)、外蒙古(モンゴル)から満州国へ166件の越境事件が起こました。昭和14年(1939年)に入ると1月に来襲してきたソ連軍を逮捕。2月から4月にかけて17件の越境事件が起こります。

  同年5月4日、外蒙古兵がノモンハン地区を襲撃してきました。いわゆるノモンハン事件のスタートです。5月11日、外蒙古軍がが越境、これを満州国軍が撃退。15日、東捜索隊が現地到着し、ノロ高地のソ・モ軍を追い払いました。渡河退却中の外蒙古軍を軽爆撃機で爆撃。17日、東捜索隊はハイラルに帰還しますが、捕虜の尋問からソ・モ軍がハルハ河右岸に集結したとの情報を得て1,600の日満軍が出動します。ソ連のスターリンが外蒙古制圧と日本に一撃を与えて東欧に進出するために国境紛争を起こしたのです。

  これまでノモンハン事件で日本軍はソ連の機械化部隊の前に歯が立たなかったと言われてきましたが、ソ連の主力BT-5快速戦車の最大装甲は公式には13ミリで、前面11ミリ、側面では6ミリであり、日本軍は速射砲で破壊しまくりました。「一千メートル以内に入れば日本軍の速射砲は百発百中だった」(軍曹 前田義夫氏)。BA-6装甲車にいたっては最大装甲が8ミリで、13ミリ機関銃、重機関銃でしとめることが出来できました。しかもソ連戦車団は走行しながら砲撃する技術を持っておらず、当初は戦車に歩兵を随伴していなかったため、視界の悪い「鉄の棺おけ」状態でした。日本兵は容易に接近し、戦車に上り、戦車砲や機関銃を打撃して、照準を狂わせ使用不能にしたり、火炎瓶攻撃で破壊しました。

  航空機戦でもソ連軍は燦々たるものでした。日本側の主力は九十七式戦闘機、ソ連はI-16タイプ10戦闘機でした、運動性能は日本機が圧倒しており、しかもソ連軍パイロットは実戦経験が皆無な上、全くの訓練不足でした。

  歩兵64連隊 牧山重信氏
「5月28日、丁度11時、ふと空をみると驚いた。数十台の飛行機が戦闘を開始している。もの凄い空中戦。次々とソ連機が撃墜され、日本機が敵機を追いかける。四十数機の撃墜はこの時の大戦果。全く胸のすくような空中戦であった」

  5月31日までソ連機180機を落とし(※1)、日本側損失は0(あるいは7機)。ソ連機は当初、日本機に全く歯が立たず、
「日本の航空機を見たら逃げろ」と、戦闘禁止命令まで出てしまいます。ソ連側は6月中旬になってようやく実践経験のあるベテランパイロットを投入し始めています。

  ソ連は司令官のフェクレンコ中将を更迭し、ジューコフ中将を司令官にします。このジューコフ中将は後にモスクワ防衛司令官となり、スターリングラードでドイツ軍と戦い、対ドイツ戦で逆転し、ベルリンを占領した軍人です。戦後、米国ミシガン州大学のハケット教授や新聞記者や歴史学者と会談した時、どの戦いが一番苦しかったかとの質問に即座に
「ハルハ河(ノモンハン事件のこと)」と答えて周囲を驚かせ、日本軍の精強さを改めて知ったそうです。


(※1)日本側記録だが、かなり誇張された数字と思われる。



参考文献
  有明書院「ノモンハン事件の真相と戦果」小田洋太郎・田端元共(著)
  岩波新書「ノモンハン戦争」田中克彦(著)
  産経新聞社出版「ノモンハンの真実」古是三春(著)
  歴史街道2011.5「二日間で敵五十一機を撃墜!稲妻戦隊と荒鷲たちの激闘の日々」山之口洋

添付画像
  撃破されたソ連軍のBA-10中装甲車(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 張鼓峰事件 | トップページ | 太陽の先生と呼ばれた東中佐 ~ ノモンハン事件 »

14.ノモンハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/45119712

この記事へのトラックバック一覧です: 日ソ、ノモンハンで激突:

« 張鼓峰事件 | トップページ | 太陽の先生と呼ばれた東中佐 ~ ノモンハン事件 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31