無料ブログはココログ

« ハルハ河を渡河せよ ~ ノモンハン事件 | トップページ | 空戦は圧勝だったのか ~ ノモンハン事件 »

アメリカは正義の国か

アメリカは昔も今も腹黒い。それを見抜けぬお花畑論者たち。

S


  アメリカの独立宣言を起草したトーマス・ジェファーソンは「人類は等しくつくられた」と言いましたが、彼は黒人の女性奴隷を所有し、子を孕ませています。

  リンカーンは黒人奴隷制の廃止を宣言したことで有名ですが、彼はダコタ族の討伐命令を下し、集団処刑しました。また、黒人の代わりにシナ人を奴隷にしました。

  日露戦争のとき、日本軍が勝利しはじめるとアメリカの新聞は戦争の結末を予想し始めました。
「日本はペンシルバニアの会社に軍用トラックと鉄道資材を大量注文した。ロシア陸軍を翻弄してきたクロキの軍がさらに北に展開するための準備と見られる。目的地はロシアの最大の拠点ウラジオストクで、制海権を失ったいま、陥落は必至だ」
  太平洋の覇権と大陸の権益を狙っていたセオドア・ルーズベルトは日本の力が強くなるのを恐れ、講和の仲介に乗り出しました。日露戦争後は反日に転換です。

  フランクリン・ルーズベルトはアメリカ市民に
「あなた方のご子息がいかなる外国での戦争にも送られることはありません」と約束しておいて、マッカラムメモランダムという戦争挑発行動8項目の戦争開始計画を実行し、日本を戦争に引きずり込み欧州参戦を果たしました。

  第二次世界大戦でドイツ降伏後、トルーマンは日本になかなか降伏勧告せず、ポツダム宣言も陸軍長官スティムソンの原案から、天皇の地位保全条項を削り、日本が絶対に受け入れないように細工して原子爆弾を広島と長崎に投下しました。スターリンやチャーチルに対して力を誇示するためです。

  戦後、アメリカは食糧不足の日本に牛や馬の餌用のトウモロコシや脱脂粉乳を売りつけるという偽善をやりました。
  マッカーサーは「民主的」といって日本国憲法を押し付けましたが、作成したのは共産主義者であり、二段階にわけて日本を共産化する目的の憲法でした。
  マッカーサーは日本の水道水に殺菌のため塩素を入れるよう指示しました。在日米軍は
「日本の水道水はポイズン(毒)が入っているからそのまま使えない」と言います。

  レーガンは雇用の創出のために日本企業を誘致しましたが、進出した企業は屑ビルなどを掴まされ、詐欺にやられました。1980年代にはカリフォルニアに800の企業が進出し、雇用の30%を支えていましたが、90年代には1年で100社ずつ減っていきました。

  サブプライムローンというインチキ商品を世界にバラまいたアメリカは困って黒人を大統領にしました。オバマは「核なき世界」をうたいましたが、国際テロリストへの核流出、中共への牽制、米国の優位保持が目的であり、日本の核武装を抑止する効果もあります。偽善をうたいアメリカの国益を守るということです。おめでたいどこかの市民は「オバマジョリティー」とか言ってお花畑を咲かせました。独立総合研究所社長の青山繁晴氏によると
「オバマさんは原爆投下をついに反省したんですか」と聞いてくるお花畑市民がいたそうです。そんなバカなわけありません。オバマはこう思っているでしょう。「原爆投下は日本の自業自得だ。だって平和祈念公園に『過ちはもう繰り返しません』って書いてあるじゃないか」

  アメリカはご都合主義であり、昔も今も腹黒い国です。



参考文献
 PHP「アメリカはどれほどひどい国か」日下公人・高山正之共(著)
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之(共著)
 文藝春秋「真珠湾の真実」ロバート・B・スティネット(著)
 文藝春秋「日本よ、歴史力を磨け」櫻井よしこ(編)
 WiLL2010.3月「本家ゴーマニズム宣言」『日本的世間と、わしの個人主義』小林よしのり
 オークラ出版「反日マスコミの真実」『消え行く言論の自由』青山繁晴 西村幸祐 三橋貴明
 転展社「戦後日本を狂わせたOSS日本計画」田中英道(著)
 ビジネス社「マインドコントロール」池田整治(著)
添付写真
 アメリカ第3代大統領トーマス・ジェファーソン(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« ハルハ河を渡河せよ ~ ノモンハン事件 | トップページ | 空戦は圧勝だったのか ~ ノモンハン事件 »

50.歴史」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。カテゴリーの全てを読ませていただきました。私見として総括するならば、日本の外交官、軍官僚は未熟であったとしか言いようがありません。例えば海軍と外務省の暗号は米に筒抜けだったと聞きます。それはハルノート、開戦後はミッドウェーの解読から始まって最後まで連合国の勝利に多大な効果をもたらしました。そして極めつけは終戦間際のソ連仲介による和平工作です。スターリンがヤルタ、ポツダムへ何をしに行ったのか知らなかったのか…。

現場に素晴らしい指揮官がいても、これでは勝てなかったと思います。

教員を目指す学生さん、コメントありがとうございます。

そうですね。反省すべきは外交や情報戦ですね。戦後はここを反省せずに戦争責任とか侵略戦争だとかばかり言ってますね。

JJ太郎さんのおっしゃる通りです。尖閣や竹島で支那や南朝鮮が好きな事やってるのも、自ら過去の「負い目」を感じてての事で強く出られない、靖国参拝にも気をつかう。

つまり草食国家になってしまったんですね。ただ空母配備後に支那の脅威がもっと身近になった時、いつか目覚めてくれるのを願うばかりです。

すばらしい考察だと思います。
ここで日本語だけで公開するにはもったいないです。

英語に訳して、世界に公開なさったらどうでしょうか?

世界の人が違う視点で歴史を見ることはとても有益だと思いますし、
勝者からの視点で書かれた歴史を見て思考停止している人たちが
あまりに多いと思いますので。

M@豪州さん、コメントありがとうございます。
なるほど、英訳して公表するのはいいかもしれませんね。(・∀・)

はじめして。楽しく読ませていただきました。一刻も早く自立した国家となるために、この日本のアメリカに押し付けられた占領憲法を早くやめるべきですね。

ボトムズさん、コメントありがとうございます。
そうですね、占領憲法の無効宣言を早くやるべきですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/45156881

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは正義の国か:

« ハルハ河を渡河せよ ~ ノモンハン事件 | トップページ | 空戦は圧勝だったのか ~ ノモンハン事件 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31