無料ブログはココログ

« イギリス軍の残虐さ | トップページ | 日本のサムライと戦ったことは誇り »

日本人は人間の範疇ではなかった

白人は有色人種を人間とみていなかった。

S19459_2


 京都大学教授だった会田雄次氏(1916年3月5日 - 1997年9月17日)は昭和18年(1943年)に応召し、ビルマ戦線に歩兵一等兵として従軍しました。終戦でイギリス軍の捕虜となり、昭和22年(1947年)に復員するまでラングーンで拘留されました。このときの体験を「アーロン収容所」という本に残しています。

 拘留時のこと、会田氏は部屋の清掃係となり、女兵舎の掃除のときのことです。

「その日、私は部屋に入り掃除をしようとして驚いた。一人の女が全裸で鏡の前に立って髪をすいていたからである。ドアの音にうしろを振り向いたが、日本兵であることを知るとそのまま何事もなかったようにまた髪をくしけずりはじめた。部屋には二、三の女がいて、寝台に横たわりながら『ライフ』か何かを読んでいる。何の変化もおこらない。私はそのまま部屋を掃除し、床をふいた。裸の女は髪をすき終わると下着をつけ、そのまま寝台に横になってタバコをすい始めた。
 入ってきたのがもし白人だったら、女たちはかなきり声をあげ大変な騒ぎになったことと思われる。しかし、日本人だったので、彼女らはまったくその存在を無視していたのである」

 同じような話がシンガポールでもあります。日本兵捕虜がイギリス軍将校の家に清掃に行った時、室内を清掃していると将校の婦人がシャワーを浴び、素っ裸で日本兵の前を平気で闊歩(かっぽ)したといいます。
 当時、日本人は人間と思われておらず、家畜同然と見られていたことを物語る話です。昭和17年(1942年)のシンガポール陥落のとき、イギリスの風刺雑誌「パンチ」の絵にはジャングルの高い密林の木々の間を日本陸軍の鉄帽と銃を背負った猿の絵が描かれていました。彼らにとって日本人は「イエローモンキー」、獣だったのです。

 イギリス人はビルマ人やインド人に対しても同様の家畜扱いをしていましたが、彼らはイギリス人に愛想よく振りまいていたようです。長い間の植民地支配によるものでしょう。しかし中には日本兵に向かって「なぜ戦争をやめた。もう一度やって、あいつらを追い出せ」というビルマ人もいたそうです。
 また、こんな話もあります。日本兵捕虜の食事には砂がまじっており、日本兵がそれに抗議すると
「日本軍に支給している米は、当ビルマにおいて、家畜飼料として使用し、なんら害なきものである」と抗議を不審そうに大真面目に真剣に回答されたといいます。

 白人らはサーカスと同じように有色人種(家畜)を鞭で十分思い知らせて押さえ込み、好ましい植民地人をつくるために人種交配(新種の家畜)も平気でした。
 インドで日露戦争の日本勝利に刺激されたインド人がやる気を出し、「我々だって機関車を作れる」と言って実際につくってイギリス人に「どうです。褒めてください」というとイギリス人は烈火のごとく起こって
「お前たちに機関車をつくる資格はない。二度と造るな」とメチャメチャに壊してしまったといいます。人間だけが文明の利器を操れるのであって、人間ではないものがそれを考えるのは神の摂理に反するというわけです。

 日本人を含む有色人種は人間とされませんでした。日本は大正8年(1919年)ヴェルサイユ会議で国際連盟の規約に人種差別撤廃条項を加えるよう提案しました。迫害されたユダヤ人に対して昭和13年(1938年)のオトポール事件を含めて日本は国際社会に対して毅然とした態度をしました。そして歴史のうねりは第二次世界大戦を引き起こしました。大戦中の大東亜会議でも日本は人種平等を掲げました。日本は一貫して人種平等を訴えていたのです。戦後、日本の主張どおりに白人の植民地支配は終了しました。昭和30年(1955年)のバンドン会議では日本はアジア・アフリカから大歓迎されています。



参考文献
 中公文庫「アーロン収容所」会田雄次(著)
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之共(著)
 ビジネス社「マインドコントロール」池田整治(著)
参考サイト
 WikiPedia「会田雄次」

添付写真
 降伏し武装解除を受ける日本軍兵士。1945年9月(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« イギリス軍の残虐さ | トップページ | 日本のサムライと戦ったことは誇り »

01.大東亜戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/46246916

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は人間の範疇ではなかった:

» 「絶対に、自殺をしてはならない」  藤原大士の一日一言 12話 [【 日々の感謝 】]
2006年10月18日 (水)  絶対に、自殺をしてはならない 小学生・中学生が、いじめを苦にして自ら命を絶つという事件が相次いで起こっている。夢や希望が満ちている年代で、自ら死を選んだということは、どんな気持ちだったろうかと胸が痛むと同時に、しかし「自殺は...... [続きを読む]

« イギリス軍の残虐さ | トップページ | 日本のサムライと戦ったことは誇り »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31