無料ブログはココログ

« 隼、シンガポールへ ~ 加藤隼戦闘隊 | トップページ | 空の神兵と加藤隼戦闘隊 »

閔妃は国母ではない

驚きの韓国の捏造歴史。

S


  閔妃(ミンビ、びんぴ)は李氏朝鮮の第26代王・高宗の妃です。高宗の父、大院君が親戚の娘である閔妃を選び、王妃にしたのですが、とんだ誤算で閔妃は義兄の閔升鎬と組んで舅である大院君を権力から追い出し、実権を握ってしまいました。大院君は隠居。大院君系列の人々は追放・流刑・処刑等となります。この後、1875年に江華島事件が起こり翌年に日朝修好条規が結ばれ、李朝と日本の間に正式な国交が結ばれます。

  しかし、閔妃と大院君の抗争は続き、1882年、壬午軍乱により大院君が再び政権を奪取します。しかし、閔妃は清に援軍を求め、再び大院君を追放。1884年には金玉均(キム・オッキュン)、朴泳孝(パク・ヨンヒョ)、徐載弼(ソ・ジェピル)ら開化党メンバーが大院君を奉じてクーデターを決行。しかし、またまた閔妃は清国軍に援軍を求め、政権を取り返します。そして日清戦争を経て、1895年乙未事変がおこり、訓練隊の禹範善(ウ・ボムソン)によって殺害されました。よく乙未事変は日本の仕業と言われますが、これは反日マスコミの刷り込みであり、朴泳孝らの計画に日本が軍事行動を担当したものです。大院君は閔妃一派排除を支持しています。

  この閔妃は韓国では「慈悲深い国母」「悲劇の皇后」と信じられている?ようです。実際は一族の栄達のために国費を浪費し、李朝を亡国に導いた張本人です。朝鮮の民主化、独立を推進しようとした金玉均に刺客を放って殺害し、その墓を暴いて四股を切断し打ち捨てました。
 閔妃はさらに、ロシアに金鉱の採掘権、石炭採掘権、森林伐採権を売り飛ばし、米、独、仏、英にも資源の採掘権、鉄道建設権を切り売りし、贅沢三昧の暮らしに充てていたのです。これを買い戻して朝鮮を列強の干渉から守ったのは、もちろん日本です。

  閔妃は死後、大院君の提言で 身分を剥奪され平民に格下げされました。しかし、その後、特命全権公使の井上馨の尽力によって「明成皇后」という贈り皇族に戻しています。

  1970年代あたりまでは韓国人も閔妃の真の姿を知っていたようですが、その後は「慈悲深い国母」のイメージに180度転換しています。韓国のマスコミは「明成皇后シンドローム」と表現しました。「明成皇后 The Last Empress」というミュージカルが作られ、KBS(韓国放送公社)がドラマ化し、2001年に「明成皇后」のサウンドトラックが発売されると最高潮に達しました。悪徳な日本公使・三浦梧楼が朝鮮人志士らをけしかけて王妃を殺害する、というようなストーリーらしいです。50歳以上の年配の人は不思議に思っているかもしれません。かつては「閔后のような女」というと女性に対する最大の侮辱であったといいます。

  韓国人ジャーナリストの金完燮(キム・ワンソプ)氏は閔妃のことを、朝鮮を滅ぼした亡国の元凶であり、西太后と肩を並べる人物となどと評論したところ、ソウル中央地裁から名誉毀損として閔妃遺族らにそれぞれ1000万ウォンを支払うよう命じられる判決が出ています。

  金氏はこのシンドロームについて「韓国人が直面しているアイデンティティの混乱を端的に示している」と述べています。

金完燮氏
「韓国人が朝鮮王朝を懐かしく思い、朝鮮王朝が続いていたら今頃もっとましな状況だったに違いないと考えるのは、当時の朝鮮の実態をまともに知らないからだ。特に子供や青少年は、きれいな町と家、整った身なり、丁寧な言葉遣いなどで描写されたテレビの歴史ドラマを見て、朝鮮もそれなりに立派な社会で、外勢の侵略がなかったならば静かで平和な国家を維持できただろうと錯覚するのである。しかし、日本が来る前の朝鮮がどれほど未開で悲惨であったかという事実を知らなくてはならない」

  まあ、韓国で歴史捏造・歪曲され、錯覚がおきようと日本は関係ありませんが、そのような錯覚の産物を"韓流"といって、日本に持ち込んでくるのは勘弁願いたいものです。



参考文献
  朱鳥社「日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
  オークラ出版「反日マスコミの真実2010」『やってくる閔妃ウェーブを迎撃せよ』若杉大
  扶桑社「親日派のための弁明2」金完燮(著) / 星野知美(訳)
参考サイト
 WikiPedia「閔妃」

添付画像
 景福宮慶会楼(1906年頃)(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。 -

« 隼、シンガポールへ ~ 加藤隼戦闘隊 | トップページ | 空の神兵と加藤隼戦闘隊 »

12.日韓史」カテゴリの記事

コメント

台湾総督府・朝鮮総督府は同様の政策をとったはず、また日本軍は東南アジアほぼ全域に進軍したはずなのに、なぜ韓国だけに従軍慰安婦問題が存在するのか。前者は大の親日、片や後者は極端な嫌日。韓国の歴史捏造の正当化は、還流ドラマの輸出・対外政府及びマスコミに対するロビー活動等かなり積極的に多額の予算を投入しています。かくして日本はいかがでしょう。政府・官僚・マスコミはいったい何をしてきたのでしょう。このまま何も手を尽くさずにいるなら、今後日本人は世界から孤立するでしょう。このままでは私たちの先祖は世界最悪の犯罪を犯したことにされてしまいます。そして、その子孫である私たちは末代まで日本が存続する限り犯罪国家の汚名を着せられ韓国・中国から謝罪を求め続けられお金まで要求され続けるのです。橋本大阪府知事の発言には不適切な部分がありましたが、良いきっかけを作ってくれました。これを機に私たちも行動を起こさなければなりません。

fukudomeさん、コメントありがとうございます。

韓国問題については日本政府としても予算をつけて宣伝活動をすべきですね。捏造は捏造とはっきり言いましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/46751660

この記事へのトラックバック一覧です: 閔妃は国母ではない:

« 隼、シンガポールへ ~ 加藤隼戦闘隊 | トップページ | 空の神兵と加藤隼戦闘隊 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31