無料ブログはココログ

« 微笑みの国タイの逆襲 | トップページ | タイと大東亜戦争 »

天皇陛下の稲作と働くことの美徳

天皇陛下の稲作には大きな意味があった。

23928


 毎年、天皇陛下が田植え、稲刈りをされるニュースが流れます。皇居内にはちょっとした水田があり、コメ作りが行われています。このコメは11月23日に行われる新嘗祭で神前に供えられます。陛下の稲作りが報道陣に公開されるのは春の「種もみまき」と初夏の「田植え」、と秋の「稲刈り」の3回あります。
 宮内庁によると稲作は昭和天皇によって始められたとなっているそうですが、明治より前は不明なものの、明治天皇が明治の初めに赤坂御苑内に水田を作らせ、陛下自ら耕されたと伝えられています。歴史的に見て天皇陛下は農耕民族の代表者であり、五穀豊穣、国民の安寧を祈る祭司王ですから伝統として何らかの形で現在に引き継がれていると考えることができます。日本書紀では天照大神(あまてらすおおみかみ)が自ら神田を営み、新嘗の祭りを行ったとあります。

 見方を変えると神話では天照大神が田畑仕事をしており、現在の天皇陛下も田畑仕事をしており、仕事・労働は尊いもの、"徳"であるとうい考え方を日本人は持っていると見ることができます。

 麻生太郎元総理が総理になる前にこんなことを言っています。
「日本人の底力の一つは労働を美徳とするところではないか」

 麻生元総理は「旧約聖書」と「古事記」の違いを述べています。旧約聖書は神様が人間に罰を与えて働かせた。だから7日目には安息の日曜日がある。古事記は天照大神が自ら畑に出たり、機(はた)を織って働いたと書いてある。神様が働いているのだから日本人は働くことは良いことだ、と思っている、というものです。

 この話はなるほど、と思いました。西洋では休暇をとるために働くといいますが、日本にはそのような考え方はありません。政権交代前、麻生総理が「老人は働くことしか能がない」と言ったのをマスコミは騒ぎ立てましたが、何のことはありません。働くことは美徳なんですから、褒め言葉であり、失礼でもなんでもありません。麻生元総理は日本人の持つ徳性を理解していたとのに対して、マスコミは理解できなかったのです。

 たしかに日本人は労働を美徳だと無意識に考えていると思います。私の両祖父は老後も絶えず何かしら家のことや地域のことをやっていましたし、現代の日本人も夜遅くまで働きます。外国からも日本人は働きすぎとか勤勉と言われます。"働きすぎ"というのは批判としてありますが、だいたいそれは労働は罰と考えるキリスト教国の白人からの批判でしょう。ルック・イーストを叫び日本を範としたマレーシアのマハティール元首相は「日本人には勤勉な血が流れているのだから誇りに思うべき」と言っています。
 定年を迎えた人もまだまだ労働意欲があると聞きます。戦前の教育勅語にも「広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)」というのがあります。以前、私が勤める会社で管理職の研修があって、「10億円もらったらどうするか」というテーマがありましたが、みな「それでもやっぱり働くんだろうなあ」という答えが返ってきました。やはり日本人はどこかしら労働を"美徳"と思っているようです。

 こうしてみると今上天皇が伝統を受け継がれて稲作を行われるのは大変大きな意義があることに気づかされます。労働は美徳であること。これを天皇陛下が御身をもって国民に示しているのです。そしてその勤勉さが底力となって日本を過去から現在まで支えてきたわけです。どんな激動の時代も乗り越えてきました。そして国体が変わらない限り、日本人は"勤勉"さを底力として今後も幾多の困難を乗り切っていくことでしょう。


参考文献
 講談社現代新書「天皇陛下の全仕事」山本雅人(著)
 PHP文庫「日本の『神話』と『古代史』がよくわかる本」日本博学倶楽部(著) / 島崎普(監修)
 祥伝社「日本人の覚悟」日下公人(著)
 新潮社「立ち上がれ日本人」マハティール・モハマド(著)/ 加藤暁子(訳)

添付画像
 平成23年の稲刈りのご様子 宮内庁提供 
  http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20110928-2128.html

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« 微笑みの国タイの逆襲 | トップページ | タイと大東亜戦争 »

40.皇室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/47108117

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の稲作と働くことの美徳:

» 「神道へのいざないブログ」 タイトル一覧 第51話〜76話 [【 日々の感謝 】]
2012年9月24日 (月)  第76話 結婚をしたら、伊勢神宮と二見浦にお参りを2012年9月17日 (月)  第75話 お彼岸のお中日と皇霊祭の意味2012年9月10日 (月)  第74話 お彼岸についてのご質問に答えて2012年9月 3日 (月)  第73話 今、大物がいないのはなぜか...... [続きを読む]

« 微笑みの国タイの逆襲 | トップページ | タイと大東亜戦争 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31