無料ブログはココログ

« タイも近代化により独立を保った | トップページ | 天皇陛下の稲作と働くことの美徳 »

微笑みの国タイの逆襲

力をつけたタイは白人の横暴に立ち上がった。

S1932


 タイは近代に白人国家が東南アジアを植民地化した中で唯一独立を保った国です。巧みな外交のほかチュラロンコーン王(ラーマ5世)が近代化に尽力され、白人の侵略を防ぎ独立を維持しました。しかし、その代償も大きく、現在のカンボジアのバッタバン地区はタイ領でしたが、フランスに奪われ、マレー半島のケダー州他3州はイギリスに奪われました。

 1914年から翌年にかけてワチラーウット王(ラーマ6世)はナショナリズムを鼓舞する政策にでます。タイでは華僑が経済活動を牛耳っており、得られた利益は支那に還元されてしまい、タイにはメリットがないとして華僑が批判の対象となっていました。
 そして第一次世界大戦が勃発します。ワチラーウット王はペンネームを使って新聞に論説を展開していたユニークな王で、アメリカの参戦を見た王は得意の論説を展開し、ドイツを批難し、世論を誘導していきます。そして1917年7月にドイツ、オーストリア=ハンガリーに宣戦布告。飛行部隊と自動車部隊を欧州戦線へ派遣します。そして戦勝国となりました。タイは日本と同じように欧米列強から不平等条約を結ばされていましたが、戦勝国となったタイは不平等条約の解消を一気に進め、1919年のベルサイユ講和会議に訴え、1927年までに改正作業を終えてます。

 タイは1932年にクーデターが勃発し、立憲君主制に移行します。力をつけてきたタイはこれまでの白人らの横暴に反抗していくようになります。国際連盟で満州国について対日批難投票を棄権して世界を驚かせました。その後、満州国を真っ先に承認します。国際連盟ではベルサイユで日本の人種差別禁止提案が潰されたのを目の当たりにしてきており、アヘンをベトナムやマレーで売りさばきながら「植民地の福利厚生をはかるのは神聖なる使命」といった連盟規約の挿入を白人の欺瞞だと見抜いていたのです。

 日本とタイの関係は矢田部厚彦駐タイ公使の頃、親密の度を増して行きました。矢田部公使は昭和3年(1928年)から昭和11年(1936年)まで8年余りにわたり特命全権公使としてタイに駐在しました。タイ人学生の東京への留学の受け入れや経済使節団の交流、日本海軍練習艦の訪タイ、日本タイ教会の設立など親善外交が次々繰り広げらました。そしてタイは海軍艦船の建造を日本に発注します。旗艦アユタヤ号をはじめ22隻の新鋭艦を日本の造船所に作らせたのです。

 1937年、プレーク・ピブーンソンクラーム内閣が発足(以降ピブーン)。ラタニヨム運動というナショナリズムを鼓舞し、華僑の経済活動を公企業枠にはめ、活動を制限し、従わない華僑を追い出します。ピブーン首相は日本がABCD包囲網で軍事物資の不足に悩んでいる時に、タイで生産される生ゴムと綿の全量を日本に供給してくれました。

 タイは以前割譲したフランス領インドシナ(以後仏印)領内のメコン川西岸までの領土(フランス保護領のラオス王国の主権やカンボジア王国のバッタンバン・シエムリアプ両州)の返還を求めていました。しかし、フランスはいっこうにタイの要求を取り上げる意志を示しません。
 昭和15年(1940年)6月、ドイツ軍がフランスへ侵入し、フランス政府が降伏します。さらに日本軍が8月に仏印進駐を行い、ドンダンでフランス軍を叩きのめしました。これを見たタイは積年のフランスへの恨みをはらさんとするかの如く、11月23日、タイ空軍が仏印領内を爆撃し戦端が開かれます。タイ軍は仏印領内のルアンプラバン地方(現ラオス)・バッタンバン地方(現カンボジア)に20個大隊をもってして進攻を開始し、フランス軍を圧倒します。しかし、腐ってもフランス。海戦ではタイ海軍が敗北し、新鋭の旗艦トンブリ号が沈没。陸戦も次第に劣勢になり、タイは日本に調停を依頼しました。昭和16年(1941年)年5月8日、両国は日本の仲介により東京条約を調印し、講和となります。一応、タイではこれは「戦勝」となっており、戦勝記念塔をバンコクに建立しました。というのはチャンパサク地方及びカンボジアのバッタンバン・シエムリアプ両州を回復したからです。しかし、第二次世界大戦に日本が敗北するとこの領土は再び奪われてしまいました。


参考文献
 時事通信社「日・タイ四百年史」西野順治郎(著)
 中公新書「物語 タイの歴史」柿崎一郎(著)
 転展社「アジアに生きる大東亜戦争」ASEANセンター(編)
 「歴史通」2009.7月号『神のごとく振舞った英国人が青ざめた』高山正之
 めこん「タイのこころ」ククリット・プラモート/チット・プーミサック(著)/田中忠治(編訳・解説)
参考サイト
 WikiPedia「タイ・フランス領インドシナ紛争」

添付画像
 1932年頃のシャムの兵士(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« タイも近代化により独立を保った | トップページ | 天皇陛下の稲作と働くことの美徳 »

37.タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/47107891

この記事へのトラックバック一覧です: 微笑みの国タイの逆襲:

« タイも近代化により独立を保った | トップページ | 天皇陛下の稲作と働くことの美徳 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31