無料ブログはココログ

« 歴史を貧困にみたらあかん ~ 松下幸之助 | トップページ | 鉄脚のエース、檜與平 »

加藤隼戦闘隊 VS B24

強敵、B24現る!

S


 大東亜戦争の日本軍のビルマ進攻は援蒋ルートのビルマルートの遮断が目的の一つにありました。これに成功すると、英米はヒマラヤ越えの空輸ルートしかなくなってしまいます。インパール作戦のもととなった二十一号作戦はこのヒマラヤルートの遮断に主眼をおいていました。

 昭和17年(1942年)10月25日、加藤隼戦闘隊ら戦爆連合編隊百数十機がメイクテイラを離陸、チンスキアの敵飛行場を目指します。高度5500Mでアラカン山脈を越えるとヒマラヤ山脈を臨みながら爆撃と銃撃を行います。翌26日、28日も攻撃成功します。
 
 この頃から南方戦線が怪しくなり、各拠点から航空兵力が抜き取られて、加藤戦隊からも8名が転戦しています。そこへ持ってきて敵B-17ボーイング、B-24コンソリデーテッド大型機がやってきて、加藤隼戦闘隊は困難な戦闘を強いられることになります。隼は13ミリ機銃(ゼロ戦は20ミリ)ですので、命中してもB24はなかなか落ちず、エンジンが2発停止しても飛び続け、下方に銃座があるため死角がありません。加藤戦隊では西沢曹長が初撃墜し、上口伍長が体当たりで撃墜するなどしていますが、かなり手を焼きました。

 加藤隼戦闘隊は昭和17年5月の加藤建夫戦隊長戦死のあとは事実上、黒江保彦大尉が第64戦隊を指揮していました。なんとかB24に一矢報いなければとB24撃墜戦法を研究していました。
 11月23,23日とマグウエ、続いてメイクテーラ、トングーがB24の夜間攻撃によって被害を受けます。25日夜間、「ラングーン西方30キロ、敵機東進」の情報が入り、加藤隼戦闘隊は出撃します。
 黒江大尉はB17(24?)を捉えました。左下方から一連社を浴びせます。すると別の方角からもパパパと曳光弾がB17へ向かって放たれました。別の味方機がB17を狙っていたのです。安田曹長の機でした。※1 夜間ですので、味方機同士の空中衝突の危険があります。それでも黒江機は突進しました。まさに射撃を開始しようとしたとき、黒江機の前にポっと火の玉が投げられました、黒江機は急旋回して避けました。これは安田機が被弾したのでした。安田曹長は落下傘降下し、沼地に着地しました。火傷をおっていましたが、ビルマ人らが手厚く看護してくれました。

 翌、昭和18年もB24は悠々とやってきました。対する加藤隼戦闘隊の迎撃は精彩を欠きました。黒江大尉は搭乗員の士気のゆるみに気が付きましたが、責めることはせず、自らが模範を示すべきという結論に至りました。

「死のう、いさぎよくB24と刺し違えて、撃墜するか、撃墜されるか。これ以外に敵に勝つ方法はない。真っ先に勇気のほどを見せて、命を捨てよう。そうしてら、敵は必ず落ちる」

 5月入り、チッタゴン攻撃の途中、B24の12機編隊にバッタリ遭遇。黒江機は垂直攻撃を仕掛けB24に命中弾をあたえました。B24から一人、二人、三人と飛び出し、パラシュートが開きました。威圧するような巨体を持ち、火力に優れたB24といえども同じ人間が乗っているし、爆撃機にとって、戦闘機は脅威以外何ものでもない、ということに改めて気付いた黒江大尉は「攻撃のイニシアティブは戦闘機が握っている」とし、皮を斬らせて骨を斬る捨て身の戦法でB24を撃墜していきました。

 同戦隊、高橋俊二中尉も「捨身必殺」をモットーにB24来襲と聞くや真っ先に出動しました。あるとき、トングーに来襲したB24を追撃し、被弾して基地近くに不時着し、彼自身負傷しましたが、翌日には来襲したB24を撃墜し、またも被弾しながら平然と戻ってきました。決してひるまない捨身必殺の精神に黒江大尉も脱帽でした。しかし、高橋中尉は昭和18年の秋、ラングーンに来襲したB24を海上遠く追ってついに帰ってきませんでした。

 そのうちB24と一緒にP51ムスタング戦闘機という更なる強敵が出現するようになり、加藤隼戦闘隊は一層、過酷な戦闘を強いられるようになっていきました。数え切れないぐらいの戦闘を行い、無事の帰還を喜び合い、何機撃墜したかなど話題にならなくなったといいます。




※1 安田義人の記録ではB24とある。記録では黒江機の存在に全く気が付いていない。



参考文献
 光人社NF文庫「あゝ隼戦闘隊」黒江保彦(著)
 光人社NF文庫「つばさの血戦」檜與平(著)
 学研M文庫「栄光 加藤隼戦闘隊」安田義人(著)
 PHP研究所「歴史街道」2011.8『加藤隼戦闘隊』
添付画像
 訓練中、黒江(左)に「よらば斬るぞ」の構えはこうだ、と説明する姿 「歴史街道」2011.8より

広島ブログ クリックで応援お願いします。



S_2



イラスト
 加藤建夫 武士道Tシャツ http://ameblo.jp/fumizo4989/entry-11298078332.html
 ホームページ http://www.ekakineco.com/index.html
 Tシャツあります  http://clubt.jp/product/219116.html

« 歴史を貧困にみたらあかん ~ 松下幸之助 | トップページ | 鉄脚のエース、檜與平 »

41.加藤隼戦闘隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/46819485

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤隼戦闘隊 VS B24:

« 歴史を貧困にみたらあかん ~ 松下幸之助 | トップページ | 鉄脚のエース、檜與平 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31