無料ブログはココログ

« チベット大虐殺は現在進行形、加担する日本のODA | トップページ | 敗戦をバネに科学技術大国となった日本 »

世界が恐れを抱く日本

先人が残してくれたもの。

S72



「日本は、アジア、アフリカで一度も植民地にならなかった稀有な国だ」

 欧州人はこういう認識を持っており、ごく一般に言われていることなのだそうです。日本ではこんなことは言われないでしょう。あくまで「日本悪しかれ」と政治家もマスコミも学校もGHQの捏造歴史を通してしか語りません。

 デュラン・れい子(著)「一度も植民地になったことがない日本」は外国人が日本をどう思っているかというのが見えてきてなかなか面白いです。
 平成13年(2001年)9月11日、911テロのときです。事件はニューヨークでおきましたが、フランス・パリではいつも混んでいるカフェはガラガラ。イタリアの新聞はこのテロを「KAMIKAZE」と報じました。テロと神風を一緒にしてほしくありませんが、彼らにはイスラムもヤマトも理解不能でごっちゃなのでしょう。この後、フランスで「浅間山荘事件」が報じられたといいますから、欧州人は戦後60年以上たってもどこか日本を恐れ抱いている部分があるのでしょう。

 米国でジャーナリストが20世紀の最も印象深かった出来事は何か?というアンケートをとったことがあり、結果上位は以下の通り。

1.広島、長崎の原爆投下
2.アポロの月着陸
3.パールハーバー(真珠湾攻撃)

 これは深層心理で日本を恐れている、復讐されるのではないかという気持ちの現われではないでしょうか。

 平成20年(2008年)8月。米のライス国務長官(当時)が東京へ飛んできて2日滞在しましたが、なぜ突然来たのか誰もが不可解に思ったようです。どうもその10日前に麻生外相(当時)がワシントンに行ってライス長官に「アメリカが拉致問題を粗末に扱うなら、日本人は原爆所有を考えるようになります」と言ったらしい。来日したライス長官は一生懸命「アメリカの核の傘下を信じよ」と訴えました。日本の核武装を最も恐れているのは米国であり、深層心理で日本の復讐を恐れているのだと思います。

 白人らが日本を恐れ抱くのならどんどん利用してやればいいと思います。英霊たちが命を捧げて残してくれたものでしょう。ジャーナリストの高山正之氏は「日本は再び軍国主義に向かうのか?」(笑)と質問してくる外国人に対してこう答えているそうです。

「それはあなたたち次第だ。日本は、相手が紳士的に振舞う国であれば紳士的に付き合う。もし野蛮な、理不尽なことを押し付けてくるようならば、こちらもそれに応じて変化する。日本の軍国主義の復活を心配するというのは、あなたがたの中に日本に対して理不尽なことをしているという自覚があるからではないのか」

 日本外交は高山氏のいうスタンスでよいと思います。ただ、その前に日本国内で戦後のGHQの政策に洗脳され、反日イデオロギーに犯された「日本悪しかれ観」を持った人らをなんとかせんといかんでしょう。



参考文献
 講談社α新書「一度も植民地になったことがない日本」デュラン・れい子(著)
 PHP「アメリカはどれほどひどい国か」日下公人・高山正之(共著)
 祥伝社「日本人の覚悟」日下公人(著)
 PHP「日本はどれほどいい国か」日下公人・高山正之共(著)
添付画像
  出撃直前(悪天候で翌日に延期)の第72振武隊の少年兵(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

« チベット大虐殺は現在進行形、加担する日本のODA | トップページ | 敗戦をバネに科学技術大国となった日本 »

31.戦後の日本」カテゴリの記事

コメント

私もその通りだと思います。まず、自虐史観の脱却そしてそれが日本国民に新しい自信そして日本国民であることの誇りを与えそのことがゆくゆくはアメリカ依存からの脱却につながりしっかりとした自立国家をを形成できると考えています。親米保守の石原さんの唱えていた核のシミュレーションよりもまずこのことからしなければなりません。このことクリアすれば後は核のこともどうとでもなると思います。

自民党の早期与党復活!!さん、コメントありがとうございます。

まったくです。歴史を抹殺された国家は衰退あるのみです。ここから変えていくべきですね。

1932年に日本軍に撃墜された最初の米兵ロバート・M・ショート陸軍中尉(Robert Short)

アメリカは1930年ころには既に国国民党に兵器と資金と米軍傭兵を与え、日本軍を攻撃させていた。1932年2月23日の第1次上海事変でボーイング218型に搭乗したロバート・M・ショート中尉は日本陸軍の飛行体に襲撃をかけ、日本軍戦闘機2機を撃墜した後、日本海軍の生田乃木次大尉と空戦し撃墜されている。アメリカは宣戦布告もなしに真珠湾攻撃の9年10ヶ月も前に日本軍を襲撃している。日本は10年近くもアメリカの卑劣な攻撃に耐えた挙句に遂に真珠湾攻撃で反撃に出たに過ぎない。
ハワイは1875年にアメリカに武力で米ハワイ相互条約を結ばされ、その後、真珠湾に米軍基地を作られてしまった。真珠湾攻撃のニュースが流れたとき、ハワイ人とアメリカ本土の黒人は「遂に神が邪悪なアメリカに武力制裁を加えた!」といって飛び上がって喜び、涙した。過去30年以上の間に私が会った、真珠湾攻撃の記憶があるアメリカの黒人は全員、「日本が真珠湾攻撃をした日は我が生涯で最高に幸せな日だった」と言っていた。真珠湾攻撃の後、黒人の公民権運動家の多くは熱烈に「日本がアメリカを征服してくれるのが我々が人種差別から解放される唯一の道だ」といって日本を支持したために、連邦刑務所へ送られた。


アメリカの黒人たちは日本の真珠湾攻撃のことを「弾圧された世界中の10億人の有色人種の怒りの一撃」と呼んでいた。

「一度も植民地になったことがない日本」、くらいでは読み手に与える印象が弱すぎる。
「欧米列強の植民地を完全粉砕し、米英仏欄などの人種差別国家を没落させた人類史上最高の正義の戦士の国、日本」、としなければならない。

米英仏欄などの植民地の現地人を奴隷化して資源を略奪して富を蓄えてきた盗賊国家が、植民地をなくした途端に弱体化するのは当然のこと。日本の技術革新力と経済力が2位以下に3倍近くの差をつけて圧倒的1位なのは、日本人の正義感と使命感のなせる業なのだ。 つまり、圧倒的に優秀であり続けるのは日本人の使命なのだ。

アメリカにイギリスのマスコミはいまだに日本のことを、1991年以来21年連続で日本が対外純資産世界一の金持ち国家であるにも拘らず、「失われた20年」などといって虚偽の優越感に浸っている。 全く見下げ果てた奴らだ。

日本は人類史上最も偉大な国さん、コメントありがとうございます。

真珠湾攻撃隊長の淵田大佐の自叙伝でも黒人の熱烈な歓迎を受けたことが書かれていました。真珠湾攻撃はアングロサクソン支配に対する渾身の一撃でしたね。

ベトナム戦争は大東亜戦争の最後の戦争であり、ベトナム軍の将校は全て日本軍が作った陸軍兵学校の卒業生である。1973年のベトナム戦争でのベトナムの米軍に対する勝利は大日本帝国が大東亜戦争において最終的勝利を収めた事を意味する。

1973年にはアラブ産油国(あと5年ほど日本に戦争を続けて欲しかった、といっている)がこの勝利を祝福するために、1941年に日本に対して石油禁輸をしたことに対する復讐として、米国に石油禁輸をしてオイルショックを引き起こして、アメリカを再起不能に追い込んだ。

この1973年のオイルショック以降、アメリカは没落街道まっしぐら。1979年の第2次オイルショックを経て、1983年まで世界一であったアメリカの対外純資産は1986年にはゼロになり、以降、アメリカはずっとマイナスをつづけ、1991年には遂にアメリカの対外純負債額は世界一になり、現在でも世界193カ国中193位のままである。21年連続で対外純資産1位で世界の頂点に立ち続ける日本と21年連続で対外純資産193位で世界最低の地位で恥を曝し続けるアメリカ。これが正義の努力を重ねてきた日本と国民を事実と正反対の大嘘で洗脳してきた盗賊国家アメリカの差である。

フランクリン・ローズベルトの母方の祖父はアヘン貿易で財を成した極悪人で、フーバー大統領が自らの回顧録で狂人と呼んだ、「日本人には人類と思える証拠が全く無い」と公言していた狂気の反日人種差別主義者であり、「日本が朝鮮人を奴隷にしている」、と日本が1885年の下関条約で朝鮮を清から独立させ1910年の日韓併合時に朝鮮の奴隷制度を完全に廃止した事実と正反対の大嘘をカイロ会議でばら撒いた、自由と正義の敵である。

日本では1920年に李秉武 (Lee Byeong Mu)(陸士7期卒留学生)が朝鮮人として最初に陸軍中将に昇進し、1941年には朝鮮名が朴茂徳(パク・ムドク)の東郷茂徳が朝鮮人として初めて外務大臣となる。一方、同時期にアメリカでは黒人の将校も国務長官(日本での外務大臣に相当する)も皆無。アメリカで黒人の中将は1965年に昇進したBenjamin Oliver Davis, Jr.であり、黒人で最初に国務長官になったのは2001年のコリン・パウエルである。日本の民主主義はアメリカよりも60年も進んでいたのだ。 

アメリカで最後の人種差別法が廃止されたのは2000年11月7日(アラバマ州における白人と白人以外の人種の結婚を禁止する法律)であり、人種差別国家としてアメリカが非難していた南アフリカ共和国が人種差別法を廃止した7年後の事である。12年前までアメリカは自由と正義の敵であったのだ。1919年のパリ講和会議で人種差別撤廃案を提示した唯一の国が日本であり、それを全力で妨害したのがアメリカとイギリスであった。おまけに国連創立時に、この日本の人種差別撤廃案を盗んで国連憲章としたアメリカ。その国連創立時にさえ堂々と人種差別を実行していたアメリカ。当時のアメリカでは黒人は病気になったり怪我をして病院にいっても門前払いされ、救急車さえ利用できるのは白人のみ。

白人が白日堂々と黒人を射殺しても裁判で全員白人の陪審員によって無罪放免。人種差別廃止を唱える黒人は白人集団によってリンチで縛り首にされ、処刑された黒人の姿は写真にされて絵葉書にして土産物屋で売られていた。

黒人を殺害した白人に初めて死刑判決が出たのは1998年である。アメリカで黒人が堂々と白人地区の学校に通えるようになったの1975年ころ。
 


かつて日本人は清らかで美しかった。

♪ 日本 「 恐れるものなし」
by 新たな日本fromバンクーバー2013-03-26 09:39:33 CA

    
       防衛

 日本最強 「 恐れるものなし」

   陸、海、空、潜水艦

※ 指令官( 同僚、直 )聞く

技術 ( U.S.A も含め他にない )特に、潜水、イージス艦系)
    ( U.S.A が加われば無敵 )

現在: 日本海側、6隻のイージス艦配備 〔対 ★ 中国、ロシアー、北朝鮮、韓国 〕

相手の戦力をみる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%92%B0%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E5%90%88%E5%90%8C%E6%BC%94%E7%BF%92


巨大空母 (張子の虎)さえも ) 成層園から火薬抜き鉄の玉で上甲板から。
キャプテンの座、弾薬庫、船底まで1発で撃沈。 中 :将棋の駒駒
※ ゆえに日本の泰平はこれまで保たれて来た。「 日本は消えていた 」


【田母神塾 第105回】談
中国の意図 : 情報戦=謀略=やる気なし〔 戦う気力 〕?
軍事力=国を守る基本

アメリカは=国益のみ関心= 主目的、TPP導き
外交とは=相手を分断が基本
「 Mar/27/2013 」

韓国、中国とまとめてはダメです。
韓国はあまりにも異質で固まってる印象ですのでそういう見方でも構わないかもしれませんが。

正確には日中韓の欧米内応派、ですね。彼らの行動原理は、「白人に尻尾を振っていうことを聞き大金をもらう」でしょう。日中韓は分裂工作されていると良くいわれるけど、これは本当だと思います。日中が結んだら世界最強間違いなしだから。内応派は当然そういう白人の危惧を受け入れて、分裂工作に「も」加わる。とはいえ、中韓にエキセントリックなところがありゆがんだ民族意識を持ち、資源も狙っており、刃をこちらに向けていることも確かでしょう。ただ、その混乱に白人は常に付け入ろうとしている。

難しい時代になると思いますが、中韓との戦争だけは白人の思うつぼなので回避したいところです。

前にテレビで見たけど本当に特攻兵の人たちが入なければ日本という国は今アメリカの植民地に為っていたと私は思います。本当に特攻隊の人たちには感謝します。特攻隊の人たちは、日本人のお手本です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/47881860

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が恐れを抱く日本:

« チベット大虐殺は現在進行形、加担する日本のODA | トップページ | 敗戦をバネに科学技術大国となった日本 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31