無料ブログはココログ

« ウソの歴史でむしり取られる国民の財産 | トップページ | 共産党によるチベット人への悪魔の洗脳教育 »

チベット同様に日本を侵略せよ!大中華侵略思想

中華人民共和国は侵略国家。

S


 平成7年(1995年)、中華人民共和国(中共)の李鵬首相はAPECでオーストラリアのキーティング首相(当時)に「日本などという国は40年後には消えてなくなる」と発言しました。

北京週報(1989年2月21日)チベット独立論に反論する
「周知のように中国は昔から一つの多民族国家である。(中略) いまの中国は中国領土内に生活する多民族(現在生活している民族および歴史上存在していた民族含めて)がともに築き上げたものである。
 元朝の中国統一は、中国各民族人民の政治、経済、文化の発展に大きく貢献した。蒙古族の支配者が中国統一のために進めていた国内民族統一戦争を、外国民族による征服と考える観点が間違っているのは、中国が多民族国家であるというこの基本的な歴史的事実に背を向けているからである。蒙古族が中国を統一して元朝を建立したことは、その後満州族が中国を統一して清朝を建立したのと同様に、いずれも中国国内の支配民族の交代であり、蒙古人または満州人が『中国を征服した』という問題は存在しないのである」

 これが漢民族の歴史観、国家観です。かつて1911年の辛亥革命のときは中華民国は漢人を植民地支配から解放することを目指しましたが、清朝の版図を継承するため「中華民族」という概念をつくったのです。そしてそれをもとに侵略を正当化してきたのです。中共は社会主義イデオロギーから民族主義は否定しましたが56もの民族を統合、融合する必要に迫られ、大中華民族主義を掲げているのです。

 大中華民族に日本民族は含まれていません。が、ちょっとここで志賀島で発見された「金印」のことを考えなければなりません。「漢倭奴国王」と刻まれていますが「倭」はコビト、「奴」は奴隷のことです。これは冊封体制というのがあり、周辺諸国の王が支那の朝廷に貢物を納め皇帝から王に封じてもらい、その権威で国を治めていたものです。古代日本もその例外でなく、起源57年に朝貢して印綬を与えられたものがこの金印です。そしてその冊封から脱却できたのは聖徳太子の優れた外交戦略によるものです。ここで初めて日本は「天皇」という言葉を使います。

 従って中共の途方もない侵略の正当化を考えれば日本は歴史的にシナに隷属していた時期があり、大中華民族の僕になるのを正当化されてもおかしくない話なのです。中共の要人は来日するたびにわざわざ九州の福岡市博物館に金印を見にいきます。冊封関係の歴史を確認しているのです。平成4年(1992年)に天皇陛下に印章を贈呈しようとしたのも冊封関係をなぞらえたからです。

 「日本などという国は40年後には消えてなくなる」というのは中共のたわごとではないのです。かれらの考えていることは大中華思想からくる侵略です。そして日本は徐々に侵略されてきています。支那のことを「中国」と呼ばされていることは既におかしいでしょう。東夷、西戎、南蛮、北狄の野蛮人を教導するのが「中国」です。東夷は日本です。「中国」と呼んで宗主国をあがめろ、と戦後強要されたのです。民主党政権が進めようとしている「外国人参政権」「1000万人の移民」・・・中共国籍者が日本の内政に干渉するということです。夫婦別姓は中共への同化の一つです。民主党政権が掲げていた日本の主権を国連に移譲、共有するということなども国連の常任理事国に中共がおり、拒否権を持っていますから、日本の主権を中共が持つという意味です。東アジア共同体も同様の考え方です。中共の軍事的戦略区の東部戦略区には沖縄が既に中共の領土として組み込まれています。我々は日本が侵略されてきていることに気付かなければなりません。放置すればいずれ日本もチベットと同じ運命をたどります。


参考文献
 文藝春秋「アジアの試練 チベット解放はなるか」櫻井よし子(編)
   『胡錦濤への聖火は許せない』櫻井よし子
   『シナ人は如何にして侵略主義者となったか』酒井信彦
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 小学館「天皇論」小林よしのり(著)
 朱鳥社「続・日本人が氏ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 産経新聞社別冊正論Extra.15「南西諸島が、台湾が危ない!・・・」平松茂雄
参考サイト
 WikiPedia「中華思想」

添付画像
 中国から流出したとされる、2050年の日本の地図
 村上よしあき・オフィシャルブログより http://ameblo.jp/yocchi-mura/entry-10412544514.html

広島ブログ クリックで応援お願いします。


止まらぬチベット民族の焼身自殺
http://www.youtube.com/watch?v=4MU0E2iYAuw

« ウソの歴史でむしり取られる国民の財産 | トップページ | 共産党によるチベット人への悪魔の洗脳教育 »

38.チベット大虐殺」カテゴリの記事

コメント

全体の論旨に関しては、コメントは特にございませんが、一点だけ。

日本の夫婦同氏原則は、明治も終わりに近い明治31年にドイツ民法をまねて作った明治民法によってはじめて制定されたもので、それまでの明治日本は夫婦別姓でした。江戸時代も武士は夫婦別姓でした。

夫婦別姓を求めているのは、単にそれが必要な共働き夫婦が多いからです。世界でも、ドイツをはじめ、夫婦同氏だった国も、日本を除きすべて選択的夫婦別姓制度を取り入れています。

私は、どちらかというと、強制的夫婦同姓の方が、強制的夫婦別姓である中韓と同じでいやですね。

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

夫婦別姓についてはフランクフルト学派の思想も影響してそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1079909/47732149

この記事へのトラックバック一覧です: チベット同様に日本を侵略せよ!大中華侵略思想:

« ウソの歴史でむしり取られる国民の財産 | トップページ | 共産党によるチベット人への悪魔の洗脳教育 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31