無料ブログはココログ

24.戦国時代

日本を侵略から守れ!豊臣秀吉 VS スペイン大帝国

スペインの侵略に対抗した豊臣秀吉。

S_5

 豊臣秀吉の朝鮮出兵は文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)といい1592年から1598年の間2度にわたって出兵が行われました。この歴史は秀吉の征服欲で語られることが多く、そのほかの説では武士の雇用救済とか、弟の秀長が死去したため狂ったとか、そんなことが言われていたと思います。

 1549年、フランシスコ・ザビエルが来日しました。表向きはキリスト教の伝道でした。裏では「黄金の国ジパング」掠奪が狙いでした。ザビエルはローマ法王の僧兵であり、同時にポルトガルの東方植民地における軍隊と官吏とに対する命令の全権を持っていたのです。スペイン・ポルトガルはキリスト教宣教師たちが尖兵となって潜入し、工作を行い、軍隊を引き入れ、人民殺戮、財宝収奪を行い、植民地占領を行っていました。日本にもその魔の手が伸びてきたわけです。

 豊臣秀吉は当初はキリスト教を禁止しておらず、交流を深めていました。日本に潜入した宣教師は対日諜報員、対日工作員として、日本の内情を探り、日本は武勇の国なので武力による侵略は無理だと判断します。

イエズス会、ドン・ロドリゴとフランシスコ会、フライ・ルイス・ソテロらが、スペイン国王に送った上書
「殿下(スペイン国王)を日本の君主とすることは望ましい。しかし、日本には住民が多く、城郭も堅固であるため、軍隊の力による侵入は無理であるから、福音を宣伝する方策をもって日本の国民が殿下に悦びいさんで臣事するように仕向けるほかなし」

 そして今度は日本と手をとって明国を攻めようという動きになります。しかし、日本とスペインの同盟は不調となり、スペインが明を侵略するとそれは日本にとっての脅威となるため、先に日本が占領してしまおうと秀吉は考えました。それで朝鮮半島経由で明を攻めることになったわけです。

 1594年4月マニラ総督宛に秀吉が書状を送っており、その書状は残っています。内容はほとんど恫喝であり、既に朝鮮を占領したぞ、マニラに攻めることもできるぞ、スペイン国王に日本と友好関係を結ぶように進言しろ、というものです。
 1596年、貨物を満載したサン・フェリーペ号という船が、逆風を受けて土佐の浦戸に漂着するという事件が起きており、このときにスペイン大帝国が宣教師を送り込んで侵略を行う手口が秀吉に報告されています。サン・フェリーペ号の水先案内人が秀吉の五奉行の一人増田長盛に世界地図を見せて、
「スペイン国王は、まず宣教師を派遣し、キリシタンが増えると、次は軍隊を送り、信者に内応させて、その伝道地の国土を征服するから、世界中にわたって領土を占領できたのだ」と述べています。

 同年、秀吉はキリシタンら26人を逮捕し、長崎に送致しました。長崎のイエズス会は好機到来と悦び、イエスの十字架になぞらえて見せ物にしようと企み、奉行に願い出て、長崎で処刑するよう画策しました。間違いなく天国往きできるという磔刑にして栄光に輝く姿を印象づけようとしたのです。

 そして1598年に秀吉が死去。スペイン大帝国も1588年に無敵艦隊の敗北という大事件がおきた後であり、イギリスやオランダに押されてきている頃ですので、日本とスペイン大帝国が抗争に至ることはありませんでした。

 このように朝鮮出兵が秀吉個人の野心とか発狂、耄碌だというのは世界史視点がスッポリ抜け落ちた突飛な話しであり、キリシタン「迫害」などとんでもない話であり、侵略者から日本を守るための行為だったのです。



参考文献
 朱鳥社「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 成甲書房「ユダヤは日本に何をしたか」渡部悌治(著)
参考サイト
 【はじめて書かれる地球日本史】
   (43)秀吉はなぜ朝鮮に出兵を(2) http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index2443.html
   (44)秀吉はなぜ朝鮮に出兵を(3) http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index2444.html
   (45)秀吉はなぜ朝鮮に出兵を(4) http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index2445.html
   (48)フィリップ2世と秀吉(1) http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index2583.html
   (49)フィリップ2世と秀吉(2) http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index2584.html
 WikiPedia「豊臣秀吉」「スペイン」「文禄・慶長の役」

添付画像
 豊臣秀吉(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31