無料ブログはココログ

36.ベトナム

フランスは世界で最高の文明国なのか

自由、平等は両立できない。偽善。

S1789


 昭和11年(1936年)頃、フランスはベトナムのハノイ、サイゴンを文明のショーウィンドウにしようときれいな建物を建てます。ところが一歩裏通りに入ると、まるで流行遅れの古い建物ばかりでした。ベトナムはフランスの植民地だった時代です。この時代、農民の1/3は土地が持てず、2/3は一畝(約300坪)前後の耕地しか持っていない状態でした。

仏印、英印、蘭印 昭和15年11月井出諦一著(GHQ焚書図書開封2より)
「農民は飢餓線上を彷徨しており、その生活費は1日2フラン15セントから1フラン20セントで、手から口への境涯(手にすればすぐ口に入る)だから、何か事があればすぐに高利貸しの世話になり、生涯うだつは上がらない。ジョセフ・F・ワーレン氏のマンダリンロード旅行記によると「月夜ならば月光の洩れようというあばら家に住む百姓は2300万人中の90%」だということであり、その多数の農民達はフランス人46,000名中11,000名が兵隊、文官4,700名、残りが産業関係者と女性達という招集者によってこんな有様に搾取されているのである」

 いわゆる西洋で貴族が農民から搾取し、うなるような財力で庶民を従えさせたことを植民地に持ち込んでいるわけです。自国は革命によってなくなりましたが、植民地で復活させたわけです。表向きは「文明」を宣伝しているのです。

「ワーレン氏をしていわしめれば、『フランス植民地行政の内幕に潜むこれらの陰影(格差)が、かつてアルベー・サローによって、何処から見ても仏領植民地中最も重要、最も開発され、最も栄えているといわれた仏領インドシナほど明瞭に看取される所はない』のである」

「英領インド、蘭領インドに比べてみれば、フランス人の支配観念が余りにも無慈悲で不親切で利己的でフランス人そのものの影の性格を遺憾なく暴露している」

 イギリス人、オランダ人と比べてもフランス人は無慈悲で不親切で利己的と言っています。フランスは自国を「世界で最高の文明国」と称して宣伝する国です。1789年世界で先駆けて人権宣言を行い、自由、平等、博愛を掲げたのですが、どうでしょう。
 フランスがベトナムに持ち込んだものにギロチンによる死刑、公開処刑、死後のさらし首、親子兄弟を投獄し全員虐殺というのもあります。これが文明国のやることでしょうか。

 現在のフランスは道路のゴミ捨てはチュニジア人やモロッコ人の担当、不動産屋はベトナム人が多く、アパートの管理人はスペイン人が多いが持ち主はフランス人。「人種差別禁止法」というのがありますが、人種差別があるからそんな法律ができるわけです。トルコとアルメニア間でアルメニア人虐殺問題がありますが、アルメニア人が多く住むフランスではアルメニア人虐殺事件を否定することを法律で禁じています。これが自由の国なのでしょうか。こうしたフランスの偽善的な人権、自由、平等、博愛は世界に撒き散らされました。そして日本ではインテリ系がこれに飛びついて自己都合の人権、自由、平等、博愛を叫んでビジネス化しているわけです。



参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 明成社「日越ドンズーの華」田中孜(著)
 藤原書店「だから、イスタンブールはおもしろい」澁澤幸子(著)

添付画像
 1789年の人権宣言と国民の表現(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

人権国家フランスの正体 ~ ベトナムと明号作戦

侵略国家は白人の国家。日本は侵略国家ではない。明号作戦!

S


 1858年8月31日、ベトナムのダナン軍港に侵入してきたフランスの軍艦の砲声によってベトナムの歴史は暗転しました。圧倒的なフランスの軍事力の前にベトナムは植民地時代に入ったのです。明治17年(1884年)、清仏戦争によりベトナムは清国との朝貢関係は絶たれ、完全に植民地化されました。この後、ベトナム人はフランスの高圧的態度に憤慨し、クーデターを起こしますが、フランス軍に鎮圧され、ベトナムの皇帝である咸宜帝(ハムギてい)はアルジェリアに流されます。フランスは九歳の成泰帝(タインタイてい)をつけ、皇帝のあらゆる権力を奪い名ばかりの皇帝にします。その後、第一次世界大戦中の蜂起を機に咸宜帝は維新帝(ズイタンてい)とともにレユニオン島の流しにされました。こうしてフランスはベトナム皇帝の権力を奪い侮蔑してベトナム人を悲憤させるわけです。

 当時ベトナム人の中にはフランスびいきで裕福な家もありました。。名誉白人に相当するのだと思いますが、こういう人はパリへ留学ができます。フランスは人権の国ですからパリへ行けば人権なるものを学び帰国します。

アンドレ・ビオリス(フランス作家)「インドシナSOS」 GHQ焚書図書開封2より
上流階級に属していたベトナム人がフランスから帰国して・・・

「彼は民主主義思想を持って帰り、フランスと協力をしようと考えていた。
 船から上がると総ての「フランス帰り」と同じようにたちまち彼も迫害の的になってしまった。彼の言うには、新聞を創刊し、それによって彼が私たちフランス人から教えられた原理に従い、人間としての権威に欠くべからざる最小限度の自由を穏やかな調子で主張し始めたのだった。
 しかるに総督府はあらゆる手段を使って、この新聞を潰そうとした。すべての印刷所に命じて印刷を禁止した。郵便局はこれを配達しないか、さもなければ彼に返送した。彼は口頭または文書で抗議した。ふんじばられた。(逮捕された)」


 フランスの主張する自由と人権をベトナムに持ち込もうとすると逮捕されたのです。ひどい話です。有色人種は人ではないから自由も人権もないということでしょう。フランスの人権は自己都合のものです。

 下流階級のベトナム人がどのような扱いをうけたでしょうか。

囚人の収容施設にて

「茅ぶきのバラックが長い列を作っていて、その中の一棟に入ったとき、私たちを迎えたものは呻き声と鉄の響きと、私の小鼻から離れない腐敗の臭気だった。窓が無いので、暗さに慣れようとする私の眼に徐々に映って来るのは、足を鉄の鎖でつながれて二列にされ、木の枠に窮屈そうに詰め込まれて、坐ったり寝たりしている囚人だった。バラック一棟に二百人の囚人が収容されていて、彼等は一斉に、その熱病患者のような絶望的な眼を私たちに向けて哀願の手をさしのべた。私には黒い皮膚がその骨の上にこびりついた顔と、衰えて皹の入った唇と、一面に膿を持った傷だらけの手足が解った。
(中略)
 その生理的な衰弱は赤痢に対する抵抗力がないために、死ぬものが少なくない状態なのだ。死体の運搬は毎朝行われ、バラックの一棟に一日に平均2,3人の死亡があるということだった。
 囚人は大部分ここへ入れられてから数ヶ月経っている。彼等は何をしたというのだろう?博士と州知事とが協議して名簿を調べている間に、私はこのような質問で数名の囚人に尋ねてみた。そしてそれを私に従ってきてくれたベトナム人が通訳してくれた。不幸な囚人たちは私の問いに低いもの憂い声で答えた。彼等は税金が納められなかったのだ」


 人権国家の正体です。一応、フランスの名誉のために書いておくと上記引用はアンドレ・ビオリスさんというフランスの女性作家がベトナムでおこっている非人道的な行為をフランス本国で告発したものです。

 そして第二次世界大戦期、日本軍はベトナムに平和進駐し、フランスと同居することになりました。戦局が逼迫した昭和20年(1945年)3月9日、日本軍は反仏クーデターを発動(明号作戦)。3万の日本軍は9万のフランス軍を撃破します。そして阮朝(グエンちょう)の保大帝(バオダイ帝)はベトナム帝国としてフランスからの独立を宣言しました。ラオス、カンボジアも同様に独立しました。保大帝は
「戦争終了後は友邦日本とともに苦難を越えて共同してゆきたい」と語りました。日本敗戦後も多数の日本兵士がベトナム軍に参加しフランスと戦っています。(第一次インドシナ戦争) 昭和61年(1986年)に8人の元日本兵がベトナム政府から表彰を受けています。フランスは人権国家で日本は侵略国家だったなんてわけありません。まったく逆だったのです。



参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 中公新書「物語 ヴェトナムの歴史」小倉貞男(著)
 WEB草紙「ベトナム秘史に生きる日本人」玉居子精宏(著)
  http://web.soshisha.com/archives/vietnam/2007_0802.php
参考サイト
 WikiPedia「ベトナム」「阮朝」「ベトナム帝国」

添付画像
 成泰帝(PD)

広島ブログ クリックで応援お願いします。

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31